1. まとめトップ

【本当は怖い童謡】『通りゃんせ』『赤い靴』 神隠しに潜む闇

神隠しは間引きの隠語。 我が子に手をかけた親が良心の呵責に耐えられず神様がさらっていったと思い込むことから生まれた?

更新日: 2013年02月13日

111 お気に入り 952474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kon40さん

童歌「通りゃんせ」に隠された恐ろしい秘密。子供が“神隠し”にあう理由が語られる

昔から伝えられ歌い継がれてきた子供の遊び歌である童歌の歌詞には、
意味不明のものや、よく考えると恐ろしいものが多い。
映画『七つまでは神のうち』は、童歌「通りゃんせ」に込められた恐怖について描いている。
警察の資料によると、日本国内の行方不明者は毎年1万人以上。
その理由が「通りゃんせ」の歌詞の中で語られているのだ。

『七つまでは神のうち』
10年前の事件を機に心を閉ざした繭は、学校にも通わず、教会で祈りを捧げる毎日。
ある日、不審なワゴン車の車内に、少女が囚われていることに気づく。
そのことを父に告げ少女の救出のために車を追跡する。その頃、複数の失踪事件が――。

子供は神様の所有物だから“神隠し”によくあう
本作は、ある母親が「通りゃんせ」を歌いながら赤ん坊をあやすシーンから始まる。
この「通りゃんせ」の歌詞には深い意味がある。
注目すべきは「この子の7 つの お祝いに お札を納めに まいります」という部分。
昔は、乳幼児死亡率の高く、子供が7歳まで生きることが難しかった。
そのため、無事な成長を願うために、赤ん坊が生まれた直後、
紙を人型に切ったものや氏神のお札を神棚へまつり、
7歳までの守り神とするという儀式が行われたそうだ。

この映画では、それを「身代わり」と見て、「7歳までは子供は神様のもの。
いつでも天に連れて帰られてしまう。その代わりに人型やお札を捧げている」としている。
“神隠し”にあうのが子供が多いのは、この理由からなのである。
本作、『七つまでは神のうち』も、7歳の子供が森に遊びに行ったきり消えてしまう。

“神”は必ずしも“救い”を与えてくれる存在とは限らない
“神隠し”を中心にして、様々な方法で人が消えて行く様を本作は見せてくれる。
「出かけたまま帰ってこない」「天狗にさらわれる」「殺人犯に襲われる」
「呪いで消える」、失踪してしまう原因は様々である。
そして、本作で一番強烈な描写と思われたのは、
これらの失踪に対して“神への祈り”が全く通じないこと。

神隠しは間引きの隠語。
我が子に手をかけた親が良心の呵責に耐えられず
神様がさらっていったと思い込むことから生まれた。

かごめ かごめ
(囲む→牢屋)

籠の中の鳥はいついつ出やる
(牢屋の中の囚人はいつ出れるのか)

夜明けの晩に
(夜明けの次は朝なのに夜が来る。つまり、その人に朝は来ない)

鶴と亀が滑った
(長生きの象徴が滑る→死亡、または短命)

後ろの正面だぁれ
(首を切り落とされると首は前後が逆になるために、後ろが正面になり執行人と目が合う)

かごめ = 「籠女」 = 籠を抱いているような女性 = 妊婦

かごのなかのとり = 籠女の中 = 胎児

いついつでやる = 出産日はいつ?

よあけのばん = 夜明けの晩 = 夜明け(臨月)

つるとかめがすべった = 鶴・亀(長寿の象徴)がすべった = あぼーん

うしろのしょうめん だあれ = 私を殺したのは誰?

恐ぇよ

160:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/07/24(日) 16:01:08.40 ID:B9thNNiG0
>>53
籠女は遊女だろ
いついつ出やるは借金の話
遊女にとっては夜明け=起床・開店=晩だしな



173:名無しさん@涙目です。(関東):2011/07/24(日) 16:24:04.18 ID:3EboDXCbO
>>160
かごめかごめ自体が子供遊びじゃなくて、元々は遊廓のお大尽遊びだった、
って説もあるよな。
ってか、昔の子供遊びで元々は遊廓の遊びだったモノって結構あるだろ。
ズイズイずっころばしとか、花いちもんめもそうだっ説ある

59:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/24(日) 14:33:48.75 ID:rHbfGdxm0
本当に知ってはいけない領域の内容が童謡民謡として全国津々浦々に
点在しているのは謎だよな…

つまり情報を共有可能としたある集団が全国にいて
それが人知れず一般の人達にも広がっていった
いや、童謡民謡のような歌にして
他地域の同じ集団の仲間に伝達していたのかもしれない
それを一般の子供が面白がって歌うことにより残った

あぶくたった 煮えたった
煮えたかどうだか食べてみよう
ムシャムシャムシャ!


幼稚園の時これですげえ遊んだんだが
なんて題名なんだろ

86:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/07/24(日) 14:46:57.48 ID:AfEwIRw40
>>64
それすごい怖いよね



68:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/07/24(日) 14:40:54.83 ID:Kg78RCxr0
とおりゃんせはタイムスリップの方法を歌にしたものだから。
鶴と亀がすべるってのは、千年、万年スリップということ。



75:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/07/24(日) 14:43:37.86 ID:rHbfGdxm0
山の民が関係してそうな暗喩がたまにあるから
非常に興味深い

神隠しも、もしかしたらね…

そんなこと言い出したら、外国民謡もみんな恐い歌ばっかりだろ

ドナドナ → 売られて殺されて食われる
おじいさんの古時計 → じじいが死ぬ
ギリシャのイカロス → 墜落して死ぬ
ねーむれよ静かに静かに眠れの歌(題名失念) → 死ぬ
パパからもらったクラリネットの歌 → 親父に怒られる
トムピリピ → 嘘つき

グリーングリーンの方が後で背景を知ってショックだった

子供の自分が病床の父と語り合う
もうすぐ自分はしぬんだという事、死の意味について
やがて父が死んだが、そんな事はお構いなしに世界は変わらずに動き続けている

ロンドン橋落ちた~落ちた~ → 人身御供を捧げたら落ちなくなった

だーれが殺したクックロビン(こまどり)♪

誰がコマドリを殺したのだ?
私だとスズメが言った
私の弓矢でコマドリを殺した
誰がコマドリの死ぬのを見たんだ?
私だと蝿が言った
この小さな目で死ぬのを見たぞ
誰がその血を受けたんだ?
私だとカブト虫が言った
私の糸と針で径かたびらを縫うんだ
誰がお墓を掘るんだ?
私だとフクロウは言った
私のツルハシとシャベルでお墓を掘るんだ
誰が (ry

赤いくつ履いてた女の子~ 異人さんに連れられて行っちゃった~

誘拐の歌にしか思えないけど、調べたら元になった子供がかわいそうな話だった

貧しい少女カーレンは、病気の母親と二人暮らし。ある日、靴を持たない彼女は足に怪我をしたところを靴屋のおかみさんに助けられ、赤い靴を作ってもらう。その直後、看病も虚しく母親は死んでしまった。カーレンは母親の葬儀に赤い靴を履いて出席し、それを見咎めた老婦人は彼女の境遇に同情して養女にした。

1 2