1. まとめトップ

R-1で敗退するもいよいよブレイク?田上よしえのこれまで

ピン芸人の王者を決めるR-1ぐらんぷりが今年も開催。今年はスギちゃん、キンタロー。、桂三度(世界のナベアツ)などブレイクを果たした芸人たちも名を連ねた回に。彼らやグランプリの三浦マイルドへの注目の一方、敗退するもじわじわと評価されている女芸人がいたのです。

更新日: 2019年04月01日

4 お気に入り 20930 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tamago_panさん

今年もR-1ぐらんぷり開催、ピン芸人の頂点が決定

ピン芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2013」の決勝戦が12日、フジテレビ系全国ネットで生放送。11代目のR-1王者に三浦マイルドが選ばれた。

敗退したスギちゃん、キンタロー。にも注目が集まった

前回優勝を逃し、ブレイク後再挑戦をはかったスギちゃんと年末から前田敦子のモノマネで大忙しとなったキンタロー。

世界のナベアツも桂三度として落語を披露するなど、バラエティ豊かな顔ぶれ?となった。

その一方で、じわじわと評価を受ける女芸人がいた

いやー三浦マイルドより絶対田上よしえの方が面白かったしょ!!๛ก(ー̀ωー́ก)

「柴咲コウといい、長澤まさみといいユーキャンのCMに出てる人は、資格が無くても生きていけそうな人達ですよね」 田上よしえさんのこれ好きだったな。

昨日のR-1での田上よしえは「声のトーンと、あとちょっとルックスも山田邦子っぽい」という呪縛から解き放たれてる感じがして、清々しかった。

プロダクション人力舎所属。
1998年にデビューの女性ピン芸人。

R-1では「なぜかお客がすぐ帰る」と嘆くバーテンダーのネタを披露。

NHKの爆笑オンエアバトルで活躍していた

若手芸人たちがオンエアをかけてネタを披露するNHKの深夜番組の常連組として活躍していた。
この頃テレビで見て好きになった、という人が圧倒的。もう6〜7年以上も前の話ですね。

三浦マイルド優勝だったんか!審査員の人らが変わってないなら納得。田上よしえはダメだったのかーザンネン!昔のオンバト組は応援したくなる笑。R-1は4年くらい観れてないわー。

え! 田上復活したの!? オンバト好きだったなー。急に引退状態になって心配してたけど。良かったー。 「R-1」敗退も“ブレイク枠”有力候補に……田上よしえがTwitterで感謝と陳謝「優勝出来ず申し訳ない」 on-msn.com/XJmPW3 via @MSNJapan

@saki7_neoteny おばちゃんは田上よしえの評価の低さが昔から納得いかねえだよ(笑)。昔のオンエアバトルの時も、青木さやかや、だいだひかるより面白かったと思うんだけどなあ。

実は結構な実力の持ち主…なんだけど

『爆笑オンエアバトル』で、ピン芸人初のチャンピオン大会ファイナル進出者も田上よしえである

同大会には同じくピン芸人である陣内智則も出ていたが、セミファイナルで敗退。

爆笑オンエアバトルでは同じ事務所のアンジャッシュ、おぎやはぎなどと一緒に会場を沸かせていた田上よしえ。

しかしお笑いブームの波に乗っていつしかどんどん先に売れていく仲間たち…

ネタは設定コントが多いが、非常にマニアック。80年代のテレビネタという、スポット的な記憶を掘り起こすボケが多い。私は彼女と同世代なので、ワンフレーズのボケでもピンと来るし、かなりツボにハマるのだが、果たして若いお笑いファンの子たちは、どこまで理解できるのだろうか?

確かにマニアックでやや古めのネタが多いです。(笑)
当時から若い子たちにはやや分かりづらかったのかもしれません。

R-1では惜しくも敗退…しかしこんな嬉しいニュース記事も!

Twitterのトレンドにもしばらく「田上」の文字が入っており、また彼女を面白かったと評する意見も多かった。

審査員のラサール石井からは番組中に「よくここまで来てくれた。続けてほしい」と嬉しい評価も。

@Heart1Family2 田上よしえさんのあのネタ懐かしかったよねえ。 あの感じ好きだなあって思ったよ。 もっとどこかで見られるといいなあ。

R-1の田上よしえの勇姿がカッコ良かった。この人は、売れなきゃおかしい。

1