1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

我が国には、様々な国民の祝日があり、その数は世界的に見ても多いほうです。
それぞれ祝日の意義と由来をここで紹介していきます。

元日(1月1日)

祝日法では元日の趣旨を「年のはじめを祝う」と定めています。
元日の早朝には、天皇陛下が一年間の豊作と無病息災を祈る四方拝という祭祀を行うので、戦前は「四方節」と呼ばれていました。

成人の日(1月の第2月曜日)

1999年までは、1月15日と定められていましたが、ハッピーマンデー(月曜日を祝日として3連休を作る制度)によって、1月の第2月曜日になりました。
祝日法では、その趣旨を「おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」を定めています。
1月15日は小正月であり、元服の儀式を小正月に行っていたことから、この日が成人の日とされました。

建国記念の日(2月11日)

祝日法では、「建国をしのび、国を愛する心を養う」ことを趣旨として定めています。
2月11日が建国記念の日とされるのは、紀元前660年に初代天皇である神武天皇が橿原宮において即位なさったことが由来になっています。戦前は「紀元節」と呼ばれておりました。
「建国記念日」との表記が見られますが、正しくは「建国記念の日」です。「建国記念日」とされず、「建国記念の日」となったのには、大人の事情がありました。これを調べてみると面白いですよ。

春分の日(3月20日or21日)

祝日法では、その趣旨を「自然をたたえ、生物をいつくしむ」と定めています。
この日付は、前の年の2月に国立天文台の算出した春分日を基にして決定されます。
戦前は、春季皇霊祭という祭日で、宮中では現在も歴代の天皇や皇族を祀る儀式が行われます。

昭和の日(4月29日)

趣旨は「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」と祝日法で定められています。
4月29日は、もともと昭和天皇が皇位にあるときは天皇誕生日でした。しかしながら、昭和天皇の崩御に伴い、天皇誕生日は12月23日に移されました。
昭和天皇の崩御の後、昭和天皇の御誕生日を祝日にしようと「昭和記念日」等の祝日の制定を目指しましたが、野党の反対で実現しませんでした。結局、自然を愛した昭和天皇にちなんで、この日は「みどりの日」とされたのです。
結局2007年には本来の構想通り、この日を「昭和の日」とすることで落ち着いたのです。

憲法記念日(5月3日)

趣旨は、その名の通り「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」と定められています。
この日が憲法記念日とされたのは、皆さまご存知のように、5月3日に日本国憲法が施行されたためです。

みどりの日(5月4日)

祝日法では、その趣旨を「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」と定めています。
4月29日をみどりの日から昭和の日に改称するにあたり、みどりの日を5月4日に移したものです。
5月4日となったのは、5月3日の憲法記念日と5月5日のこどもの日の間を埋めることによって、ゴールデンウィークの連休を作るためです。

こどもの日(5月5日)

祝日法で定められている趣旨は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」です。
ここで、「母に感謝する」という意味が含まれているのは意外に思われるかもしれませんね。子供を尊重するとともに、その子供を生んだ母の偉大さをひしひしと感じさせられます。
由来は皆さん存知の通り、「端午の節句」からです。3月3日の桃の節句が祝日でないのは男尊女卑なのではないかという批判がありましたが、男女問わず「こども」を祝う日であるため、そのような批判はナンセンスであると思います。

海の日(7月の第3月曜日)

祝日法ではその趣旨を「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」と定めています。
以前は7月20日でしたが、ハッピーマンデー制度によって現在のようになりました。
祝日となる前は、「海の記念日」という記念日でした。その由縁は、明治天皇が東北地方へ行かれる際に、初めて軍艦でない艦船で航海をし、7月20日に横浜港に帰着なさったことだそうです。

山の日(8月11日)

2016年(平成28年)から施行される日本の国民の祝日の一つであり、祝日法では「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としている。「海の日がある一方、山の日がない」との声から制定された。お盆の時期に当たるので、祝日としての意義を感じにくいという批判もある。

敬老の日(9月の第3月曜日)

1 2