祝日法では元日の趣旨を「年のはじめを祝う」と定めています。
元日の早朝には、天皇陛下が一年間の豊作と無病息災を祈る四方拝という祭祀を行うので、戦前は「四方節」と呼ばれていました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る