1999年までは、1月15日と定められていましたが、ハッピーマンデー(月曜日を祝日として3連休を作る制度)によって、1月の第2月曜日になりました。
祝日法では、その趣旨を「おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」を定めています。
1月15日は小正月であり、元服の儀式を小正月に行っていたことから、この日が成人の日とされました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る