祝日法では、「建国をしのび、国を愛する心を養う」ことを趣旨として定めています。
2月11日が建国記念の日とされるのは、紀元前660年に初代天皇である神武天皇が橿原宮において即位なさったことが由来になっています。戦前は「紀元節」と呼ばれておりました。
「建国記念日」との表記が見られますが、正しくは「建国記念の日」です。「建国記念日」とされず、「建国記念の日」となったのには、大人の事情がありました。これを調べてみると面白いですよ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る