祝日法では、その趣旨を「自然をたたえ、生物をいつくしむ」と定めています。
この日付は、前の年の2月に国立天文台の算出した春分日を基にして決定されます。
戦前は、春季皇霊祭という祭日で、宮中では現在も歴代の天皇や皇族を祀る儀式が行われます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る