趣旨は「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」と祝日法で定められています。
4月29日は、もともと昭和天皇が皇位にあるときは天皇誕生日でした。しかしながら、昭和天皇の崩御に伴い、天皇誕生日は12月23日に移されました。
昭和天皇の崩御の後、昭和天皇の御誕生日を祝日にしようと「昭和記念日」等の祝日の制定を目指しましたが、野党の反対で実現しませんでした。結局、自然を愛した昭和天皇にちなんで、この日は「みどりの日」とされたのです。
結局2007年には本来の構想通り、この日を「昭和の日」とすることで落ち着いたのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る