祝日法で定められている趣旨は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」です。
ここで、「母に感謝する」という意味が含まれているのは意外に思われるかもしれませんね。子供を尊重するとともに、その子供を生んだ母の偉大さをひしひしと感じさせられます。
由来は皆さん存知の通り、「端午の節句」からです。3月3日の桃の節句が祝日でないのは男尊女卑なのではないかという批判がありましたが、男女問わず「こども」を祝う日であるため、そのような批判はナンセンスであると思います。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る