1. まとめトップ

「バウムテスト」で自分の性格を測ってみよう

みなさんバウムテストって聞いたことありますか?精神科で実際に使われている心理検査のひとつです。今回は初めて触れる方々を対象に、その簡単検査を体験してみましょう!

更新日: 2013年07月10日

188 お気に入り 491544 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dbbさん

バウムテストって何?

ドイツの心理学者コッホが創案した「バウム・テスト(樹木画法)」
上手く表現出来ない内面や、隠された深層意識を「絵」に例えて具体化する「描画法」の一種で、文字通り被験者に「樹木」を描かせる心理検査です。

とにかく始めてみましょう!

ではみなさん、適当に白紙を用意して、3分ほど一本の木を描いて下さい。頭の中で想像して頂いても大丈夫です。でも、想像する場合はとにかくリアルにね。
【注意点】
・写生ではなく、想像した樹木を描いて下さい。
・丁寧なほど、はっきり診断ができます。

みなさん描き終わりましたね。どのような絵になりましたか?

分析してみよう!

Point①. 木の大きさ

全体の紙の大きさに対して…
◆大きな木    :自分に自信がある人。自己中心的。
◆普通の大きさの木:周りともバランスがとれる人。
◆小さい木    :自分に自信がない。萎縮している。今の生活に不満があり安定を求めている。

Point②. 木の位置

紙の真ん中: 安定してます。
紙の右側: 支配願望あり。
紙の右上: 計画的に物を考える慎重派
紙の右下: 自己愛の強いナルシストタイプ
紙の左側: 内向的で現実逃避気味
紙の左上: 芸術家肌。一歩間違うと空想・妄想ばかりの人?
紙の左下: ちょっぴり過去に捕らわれがちで将来が不安…?
紙の上側: 空想的。あきっぽい。
紙の下側: リアリスト

Point③. 枝や幹の様子

幹がまっすぐ:ちょっとお堅いタイプ
幹が右曲が: NOと言えないお人よし
幹が左曲がり:引きこもり願望あり
幹に模様(樹皮)がある:周りの視線が気になる
枝が広がっている:注意力散漫
枝が尖っている: 批判的。攻撃的。
枝がぐにゃぐにゃしている: こだわり屋。マニアック。

Twitter上では…

最近仕事でバウムテストやってる三女に診断して貰いましたー「お姉ちゃんの結果。私もともと人が好き!楽しいこと大好き!家族大好き!でも意地悪な人が居てたまにイライラする!ごろごろ安定した生活がしたいなー(*´∇`*)」だそうで(笑) pic.twitter.com/003ywlZi

あー。誰か私にバウムテストやってやー。自分の事が知りたーい。

バウムテストは簡便だし非言語的な方法だから知的の問題の人でも幼児でも適用できる(^^)。

1