1. まとめトップ

ディスプレイのdpiの計算方法まとめ

ディスプレイのdpi(ドットパーインチ)を手動で計算する手順にていてまとめておきます。

更新日: 2013年02月16日

20 お気に入り 110354 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Doctor.Yさん

dpiとは?

dpi(ディーピーアイ)とは、dots per inchの略で、ドット密度の単位である。1インチ(1平方インチではない)の幅の中にどれだけのドットを表現できるかを表す。プリンターやスキャナの性能表示として用いられる。また、プリントサイズと対にする事でコンピュータ上で用いる画像データの精度を表す単位としても用いられる。

計算手順1:ディスプレイのインチ数を知る

dpiを調べたいディスプレイの対角線のインチ数をまず調べます。

■計算例:15インチ

計算手順2:ディスプレイの解像度を知る

次にディスプレイの解像度を調べます。

■計算例:横800×縦600

計算手順3:ディスプレイのアスペクト比を求めます

解像度からアスペクト比を調べます。
※縦横のドットの間隔が同じ場合

■計算例:
横800×縦600

横4:縦3

計算手順4:対角線の比率を求めます

ピタゴラスの定理から対角線の比率を求めます。

直角三角形の斜辺の長さを c、他の2辺の長さを a, b とすると、
ピタゴラスの定理:(a×a) + (b×b) = (c×c)

■計算例:
a = 4、b = 3 なので公式に当てはめると、
(4×4) + (3×3) = (c×c)
16+9 = (c×c)
c = 5

となり、ディスプレイの比率は
横:縦:対角線 = 4:3:5

計算手順5:ディスプレイの縦横のインチ数を求めます

縦横のインチ数を求めます

■横インチ数の計算例
横4 : 対角線5 = 横インチ数x : 対角線インチ数15
対角線5 × 横インチ数x = 横4 × 対角線インチ数15
横インチ数x = (横4 × 対角線インチ数15) / 対角線5
横インチ数x = 12インチ

■縦インチ数の計算例
縦3 : 対角線5 = 縦インチ数x : 対角線インチ数15
対角線5 × 縦インチ数x = 縦3 × 対角線インチ数15
縦インチ数x = (縦3 × 対角線インチ数15) / 対角線5
縦インチ数x = 9インチ

計算手順6:最後にdpiを求めます

縦横のdpiを以下の計算式から求めます

■dpiの計算式
dpi = ドット数 / インチ数

■横dpiの計算例
横dpi = 横800ドット / 横インチ数12
横dpi= 66.666・・・・dpi
横dpi≒ 66.7dpi

■縦dpiの計算例
縦dpi = 縦600ドット / 縦インチ数9
縦dpi= 66.666・・・・dpi
縦dpi≒ 66.7dpi

dpiを自動計算する

毎回手動でdpiを計算するのは面倒なので自動で計算してくれる便利なサイトのリンクです

関連用語リンク

1