1. まとめトップ
7 お気に入り 37029 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

suzuzuruさん

ボビー・バレンタイン(Robert John "Bobby" Valentine , 1950年5月13日 - )は、アメリカ合衆国コネティカット州出身の元プロ野球選手、元監督。
メジャーリーグではテキサス・レンジャーズとニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスの監督を、日本プロ野球では千葉ロッテマリーンズの監督を務めた。千葉大学・千葉商科大学・城西国際大学客員教授。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(マネジメント契約)に所属している。

常に「絶対諦めない」という心の準備をしておくことです。

ボビー・バレンタイン

私が使う「5つのP」
(Perfect Preparation Prevents Poor Performance)
(完璧な準備は雑な仕事を防いでくれる)
は私の考えを簡潔に示してくれます。

ボビー・バレンタイン

「生きる」にせよ「滅びる」にせよ、ここぞというときには、
自分が信じている「剣」で勝負するしかないのです。

ボビー・バレンタイン

今日という日は「残りの人生の初日」です。

ボビー・バレンタイン

おおげさに誰かを褒める必要はありません。
賞賛とは、いい仕事をしたと認めてやること、それだけです。
頑張って努力した際には、監督は努力を認めてやるのです。

ボビー・バレンタイン

起こってしまった結果ではなく、次のプレイをアドバイスするのです。
このことが選手を指導するカギだと思っています。

ボビー・バレンタイン

試合中の自分自身のプレイを楽しむべきなのです。
結果のために、プレイしているのではありません。
楽しむためにゲームをしているのです。そしてベストを尽くすのです。

ボビー・バレンタイン

自分と同じユニフォームを来ている人は
全員ファミリーだと思っていますから、みんな好きです。

ボビー・バレンタイン

野球は9人でやっているわけじゃない。60人から70人のカードがあり、
それをフルに使おうとすることが、そんなに特別なことだろうか。

ボビー・バレンタイン

部下がチャレンジした結果ミスした場合と、
ルールに違反した場合とは明確に区別しなければなりません。

ボビー・バレンタイン

そのミスに本人が気づいていない場合は、
あるいはそのミスを真剣に受け止めていない場合は、
断固たる態度で厳しく指摘しなければなりません。

ボビー・バレンタイン

「変えられる」部分と「変えられない」部分との区別が
できていることが、よいコーチになる秘訣です。

ボビー・バレンタイン

人によって自分に合うものは違っていきます。
必ずしも、人と同じ「帽子」をかぶる必要はないのです。

ボビー・バレンタイン

結果を気にする前に、いまやるべきことに夢中になること。
それが冒険に必要な態度だと思います。

ボビー・バレンタイン

勝利とは「よいプレーをした」結果に与えられる副産物です。
逆に「よいプレーができなかった」という思いがあるから、
負けたことが悔しくもなるのです。

ボビー・バレンタイン

誰かに頼るのではなく、全員が信頼しあって戦う。
これがウチのチームであり、チームスポーツなんだ。

ボビー・バレンタイン

1

関連まとめ