このロジック(③について)で、例文を作ってみると、このような具合になります。 「19世紀の作曲家であるエリック・サティの音楽に”高い音を消す変換”をかけたら、”緊張感がなく自然な音”に感じられるようになった。そして、それが(私には)自然に思われるから、サティは高い音が聞こえにくい”耳が遠い”聴覚を持っていたのだろう」 …サティが精魂込めて作り出した音楽の特徴が、”耳が遠い”せいになってしまいました。

出典hirax.net::「ゴッホの本当のすごさを知った日」の「最も間違っている部分」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ゴッホは色覚異常だった?【色覚テスト付き】

少し前に、ネット上で色覚異常の人々が見る世界と普通の人の見る世界についての比較画像が流行りました。ほんとうにしかし、ゴッホは色覚異常だったのでしょうか?

このまとめを見る