1. まとめトップ
  2. 雑学

海外旅行で嫌われる行動

ふだん日本では気にしないようなことが、実は海外では重大なマナー違反になることもあります。今回は日本人が海外でついついやってしまうマナー違反をまとめてみました。手遅れになる前にチェックしておきましょう。

更新日: 2013年03月14日

Nanahoshi14さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
941 お気に入り 225694 view
お気に入り追加

麺類をズルズル音をたてて食べる

ついついやっちゃいますよね。

大半の日本人はスープ系のパスタとなるとズルズルと無意識にやってしまう。恐らく、外国で音を立てて食事をするのは、食事中の「ゲップ」や「オナラ」に等しいくらいと考えていたほうがよい。

ラーメンの本場中国やフォー(米麺)が有名なベトナムでも、麺は音を立てずに箸とちりれんげで食べるのが正式です。

許可なしに写真を撮る

これは当然ですね。

十分に気をつけておきたいのが、「許可の有無」です。他国だからといって、むやみに人物を撮影しようとすると怒られることもあります。

海外では日本人以上に写真を撮られることを嫌う人、あるいはカメラのモデルになることを生業にしている人々がいますので、人物を撮影する前には必ず本人の了解を取るよう心がけてください。

集合時間よりも早く着く(中米)

中米では実際に怒られたりするらしいです…。

日本人感覚で開始時刻の5分前にパーティー会場に行ったなら、必ず嫌われます。その家の人はまだ「シャワー」を浴びているといったところです。

中米出身者との予定や約束には、「約束時刻を行動予定時刻の1時間前にしておく」とか「思い切って自分も遅れてしまう」

親指を立てる

出典a3d.jp

これはうっかりやってしまいそう…。

英語圏では肯定的な意味を持つが、中東、西アフリカ、南アメリカでは侮蔑の表現となる。その他、ヨーロッパやアジアの一部の国ではわいせつな表現となる。

電車の乗り越し

私がオーストリア・ウィーンへ行った際、日本では当たり前の電車の乗り越しを行ったら『不正乗車』とみなされ罰金を支払いました

ガムを食べる(シンガポール)

シンガポールでは、ガムを食べることはおろか、持ち込むことも厳禁! 所持していただけでも罰金刑となるそう。これ、知らなかったら怖いですね。

鼻をすする(イギリス)

イギリス人は、鼻をすする音が大嫌い。食事中はもちろんですが、レストランだけでなく、公共の場で鼻をすすると露骨に嫌な顔をされることもあります。

正座をする(韓国)

韓国では、正座は相手に苦痛を与えるための『囚人の座り方』として認知されているそうです。

イスに座って靴を脱ぐ

イスに座って靴を脱ぐ方がたまに居ますが、大変失礼な行為です。海外ではパンツ一丁とほぼ同じですよ。

1 2





このまとめへのコメント1

  • kaubrey14さん|2013.02.27

    私は米国人です。確かに大体正しいですけれど、トイレのドアをノックすると言う部分は聞いた事がありません。ドアノブよりドアをノックするの方がいいです。

1

噛めば噛むほど面白いまとめを目指してます。
歴史・雑学中心のマニアックな味付け。

ご意見・ご連絡お気軽にどうぞ。
nanahoshi-write@excite.co.jp