1. まとめトップ

仕組み解明!インコはなぜ喋るのか

ペットとしておなじみの鳥にインコやオウムがいます。彼らは良く人間の言葉をしゃべるので大人気ですが、どうしてしゃべるのか疑問に思ったことはありませんか?謎を徹底的に解明してみました!

更新日: 2013年02月14日

13 お気に入り 135907 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Nanahoshi14さん

多くの種類のインコがヒトの言葉やその他の音のものまねをすることができる。

アレックスは言葉を使って対象を識別し、それらを説明し、その数を数えるように訓練された。さらには「赤い四角はいくつありますか?」といった複雑な質問に80%以上の正確さで答えることすらできた。

(参考動画)

理由1:舌が発達している

理由2:喉の構造が人間と似ている

ヨウム(Congo African Grey Parrots、CAG)は、その"話す"能力でよく知られているが、これはおそらく強靭な気管かあるいはその精密なコントロールに依っているのであろう。

インコやオウムは厚くてやわらかい舌を持っていて、
のどのしくみも人間に少し似ています。

理由3:ものまねをする習性があるから

野生の鳥は、群れで生活します。
ひなどりは親鳥や仲間の鳴き声を聞いて、まねして成長します。

インコは鏡に映った彼自身の姿を見て、もう一羽のインコが話していると思い鏡の背後のトレーナーが口にした全ての言葉を模倣します。

理由4:飼い主と仲良くなりたいから!

出典ameblo.jp

飼い主のことをいっつも考えてるんです。

手乗りインコは飼い主が大好きで、飼い主ともっと仲良くなりたい!と思っているインコもとても多いです。

飼い主が大好きなインコは、飼い主ともっと仲良くなりたい、コミュニケーションを取りたいと思い、飼い主が話している言葉を真似るのです。

1