抗酒剤は一時的にお酒に対して、非常に弱い体質をつくる作用があります。特にお酒に弱い人は飲酒するとすぐに顔が赤くなり、さらに飲酒すると頭痛や吐き気など不快な症状が出てきます。元々お酒に強い人にこれらのお酒に対する反応を起こし、お酒を飲めなくするわけです。

出典抗酒剤の作用と副作用

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

これでお酒をやめられる!【抗酒剤】がスゴイらしい

お酒をなかなか止めれない方に使われるお薬「抗酒剤」についてまとめます。上手く使えば効果バツグン!でも、使い方を誤ると大変なことに…。

このまとめを見る