マハトマ・ガンジーが非暴力であったのに対し、チャンドラ・ボーズは日本陸軍の藤原岩市少佐のF機関により編成されたインド国民軍を改編し、インド駐留英国軍と戦った人です。インドの歴史教育を終えた人で、彼の功績を知らない人はいないでしょう。また、彼を助けたのが日本人であったことも同様です。

「先の戦争で、貴国にご迷惑をかけました。」と日本の国会議員がいうと、インドの方は意味が判らないそうです。逆に、「日本国には我が国の独立に多大な犠牲をはらってもらい感謝致します。」とインドの方が言うと、それはインパールやビルマで英国軍と戦った勇敢な日本軍のことを指しているのです。いわば、日本とインドは英国の植民地政策に抵抗し、アジアを開放するために戦った戦友なのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本人は知らない?親日国まとめ 日本や日本人のことを好いてくれる国を紹介 親日

親日国をまとめました。日本や日本人のことを好いてくれる国です。日本の事を好きな人は、世界中にたくさんいます。 世界中に資金提供・技術提供し、国際貢献するなど、日本は世界で最も好かれている国の一つといっていいでしょう。逆に反日国はほとんどないのでは? 親日

このまとめを見る