40代といえば、企業の組織の中では中核を担う存在です。売上を上げながら、後輩や部下も育てなければならない。組織の「期待」(という名のやってほしいこと)は山積みになっています。

 しかし今の40代が、その期待に応えられるほどの経験を積んだり、組織から(あるいは自主的に)教育を受けたりしたのかというと、疑問が残ります。

 そもそも管理職になったといっても、部下を管理するメソッドをキチンと教わるプログラムを施された、という人は、それほど多くない。管理職になった、もしくはなる直前に、簡単な心構えや、社内での決裁などの仕組み、せいぜいコンプライアンス的な研修が、座学で少しだけ行われる程度で「ハイ、課長でござい」という企業が、意外に少なくないのです。

出典部下をうまく叱れない。そんな40代管理職は当然いらない - Infoseek ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

会社が解雇するのもわかる!?~こんな理由だから会社をクビになったようです

不振の電機業界ではきリストラという名のクビ切りが問題となっている一方で、会社側にとっても問題ある社員をどうにかして整理したいというのが本音。そんな目をつけられる社員は「やっぱりな」という人が多いようで‥ぜひ参考に!というよりも反面教師に!

このまとめを見る