働かない正社員の雇用を打ち切れるようにすべきだ――。オリックス元会長の宮内義彦氏(現シニア・チェアマン)の発言が、ネット上で話題になっている。

この発言は、ビジネス誌「プレジデント」(2015年1月12日号)が企画したジャーナリスト田原総一朗氏との対談で発せられたものだ。雑誌が出たのは少し前だが、その記事が3月末にプレジデントのウェブサイトで公開されたことで、ネットでの反響が広がった。

出典「働かない正社員をクビにできるようにすべき」との発言が反響 - ライブドアニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

会社が解雇するのもわかる!?~こんな理由だから会社をクビになったようです

不振の電機業界ではきリストラという名のクビ切りが問題となっている一方で、会社側にとっても問題ある社員をどうにかして整理したいというのが本音。そんな目をつけられる社員は「やっぱりな」という人が多いようで‥ぜひ参考に!というよりも反面教師に!

このまとめを見る