JR西によると、男性は平成12年から勤務。20~24年、博多総合車両所(福岡県那珂川町)で新幹線を清掃した際に持ち帰ったと説明し「現金は合わせて約1万3千円だった」と話しているという。

 男性は9月末、仕事を終えて帰宅中、職務質問を受け、自家用車から空の財布6個と、他人のキャッシュカードや運転免許証入りの財布が入ったショルダーバッグが見つかった。

 県警は占有離脱物横領容疑で捜査。ただ、財布6個の持ち主は分からず、ショルダーバッグは23年に遺失届が出されていたものの同罪の時効(3年)が成立していた。

出典財布着服した男性パート社員を解雇 新幹線清掃中に拾う マイカーには6個の財布や他人のカード、バッグ…JR西 - 産経WEST

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

会社が解雇するのもわかる!?~こんな理由だから会社をクビになったようです

不振の電機業界ではきリストラという名のクビ切りが問題となっている一方で、会社側にとっても問題ある社員をどうにかして整理したいというのが本音。そんな目をつけられる社員は「やっぱりな」という人が多いようで‥ぜひ参考に!というよりも反面教師に!

このまとめを見る