1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

元は意外な場所だった!「たまプラーザ」ってどんなところ?

「住みたい街」で常に上位に入る東急田園都市線の「たまプラーザ駅」、そのたまプラーザの人気の歴史をたどってみます。なんとそこは昔は意外な場所でした、でも、それが実は幸いして今の人気がありました。

更新日: 2013年02月15日

14 お気に入り 51150 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kazu1801さん

◇「金曜日の妻たちへ」で脚光を浴びる

金妻(キンツマ)”なる流行語を生み出し、“金妻シンドローム”という一種の社会現象をも巻き起こした80年代ドラマの代表作

描かれている内容は『郊外のニュータウンに建つテラスハウスと一戸建てに住む団塊世代の3組の男女が繰り広げる人間模様』ですが、ここに出てくる「郊外」というのがたまプラーザにあたります。

すでに20年以上前のドラマなのに、多くの人がたまプラーザという地名に抱くのは、1983年に大ヒットしたドラマ「金曜日の妻たちへ」の街というイメージ

もし自分が知らなければ、両親に聞いてみたら知っているかもしれませんね。

住みたい街…神奈川県内ではトップ5に横浜、鎌倉、たまプラーザが入る

2012年に行われた調査です。ちなみに、1位は吉祥寺、2位は自由が丘という結果でした。なお、2005年に行われた横浜Walkerの「神奈川の住みたい街ランキング」では1位になっています。

◇もともとは軍用地だった

戦後の農地改革で農家に払い下げられたが、「(土地買収は)旧軍用地という事情も幸いして順調に進み…」と「開発の記録」は記す

軍用地だったことが逆に開発には有利だったということは意外ですね。

昭和26年…接収した土地を元の耕作者に売り渡される。譲り受けを拒む人もいた。帰農兵が譲り受けすむ

こういった買収が進んだおかげで田園都市線は徐々に開通範囲を広げていきました。

目標とされたのは、ロンドン郊外の田園都市レッチワース

緑が意図的に多く残されているのが特徴的です。

◇まるで空港?「日本一の駅」を受賞

鉄道建築協会では、鉄道建築におけるデザインおよび技術の向上に貢献したと認められる建築作品ならびに論文業績に対し、建鉄道建築協会賞を授与

「作品部門」「論文・業績部門」「建築技術会」の3つに分かれています。

鉄道建築協会賞の作品部門で、最高の賞である『最優秀協会賞』を受賞

全国の鉄道事業者から応募された全75作品から選ばれました。

放射線状に人が出入りする改札や、柔らかな曲線を描いた壁は、人と人とのつながりを示す「サークル」をモチーフにした

まるで駅とは思えないような大屋根や吹き抜けが特徴的な駅です。

◇なぜ「たまプラーザ」という名前?

「プラーザ」とはスペイン語で広場を意味する

元々の駅名の候補は「元石川」でした。ちなみに、この駅名の候補は地域住民の意見を参考にしながら決められたそうです。

「開業時は『へんてこりんな名前』の駅と、地元で話題になったそうだよ」

青葉区商店街連合会会長の加藤芳範さんの言葉です。当時からかなり珍しい名前だったようですね。

たまプラーザという地名はなく、駅名だけで使われている

横浜市や青葉区の中ではむしろ、「たまプラーザ」というより「美しが丘」というブランドの方が認知されているようです。

1