1. まとめトップ

【自由研究】簡単なのにとっても綺麗!光と虹の万華鏡を作ろう。【工作】

穴から明かりを覗くと、虹がいっぱい!そんな素敵な万華鏡を簡単に作れます。材料は紙コップと秘密のシート!工作や自由研究の宿題にもオススメです。

更新日: 2016年08月13日

oh88seaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
84 お気に入り 32468 view
お気に入り追加

穴から明かりを覗くと、虹がいっぱい!そんな素敵な万華鏡を簡単に作れます。材料は紙コップと秘密のシート。

工作や自由研究の宿題にもオススメです。
もちろん大人の方も楽しめますよ!
せっかくの夏休み、レッツトライ!

著者が実際に作ってみました。
外側には好きなキャラクターをペイント。
シールやマスキングテープでデコレーションしても良いかも!

準備するもの

●紙コップ(3個)
●分光シート(通販の他ハンズなどで入手可能)
●黒の油性ペン(先が太いもの)
●テープ
●画びょう
●カッター
○万華鏡をデコレーションするもの(色鉛筆やシールなど)

さっそく作りましょう

1. 紙コップ2個の内側を油性ペンで塗りつぶす

内側全面塗りつぶした方が、完成後きれいな模様が見やすいです。
時間が無いときや面倒くさいときは、内側の底だけ塗るor全く塗らなくても可。

2. 白いコップと黒いコップの底に、それぞれ1cm角の穴を開ける

鉛筆などで目安を書き、カッターで切り取りましょう。
小さなお子さんが作るときは、大人の方が手伝ってください。

3. 穴の上に回折格子シートをかぶせ、セロハンテープで貼り付ける

シートは穴より少し大きい1.5cm角位に切り取っておきましょう。
分光シートのつるつるピカピカした面を上にして(←ここが大切)穴の上に置き、そのままセロハンテープを重ねて貼り付ればOK。
上にする面を間違えてしまうと虹が見えないので、しっかり確認しましょう!

4. 黒く塗った紙コップの底に、画びょうを刺して模様を描く

黒いコップのうち、底を切り取って無い方を使います。
模様はランダムでも勿論OK。画びょうの刺し方によって見え方が変わるので、色々試してみて下さい。

5. 黒く塗った紙コップ2つの口を合わせ、テープで固定する

固定するテープはセロハンテープで大丈夫ですが、黒いテープだとより綺麗に見えます。

6. シートを貼った方のコップに、白いコップを被せて完成!

蛍光灯やろうそく、晴れた日の雲を覗いてみましょう。
重ねたコップ同士をクルクルとずらすと、模様がどんどん変化していきます!
※注意※ 太陽や強い光は絶対見てはいけません!失明する恐れがあります。

画びょうの穴はキャラクターに合わせて十字(+)マークの模様にしてみました(^^)

1





oh88seaさん