1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

otokudaisukiさん

優勝力士がもらった賞金や賞品はもちろん優勝力士のものですが、力士は部屋に所属し、部屋には力士が多いので、分け合うことが多いようです。
このほか、横綱・大関に昇進すると「名誉賞」として、横綱に100万円、大関に50万円が授与されます。
ただし、再昇進の場合は授与されません。この名誉賞は、行司が「立行司」に昇進するときにも授与されます。

幕下以下にはありません。
月給の内訳は、「基本給」と「手当」に分かれています。

横綱  260万6,000円
大関  216万9,000円
三役  156万4,000円
幕内  120万9,000円
十両   95万7,000円

サラリーマンに支給される定期的なボーナスはありません。

相撲社会独得の「褒賞金」という制度があり、これが月給と二本立てになっています。
力士は「序ノロ」に入ったときから、番付、場所の成績、昇格などによって、褒賞金の最低支給標準額が決まっています。これは、 一般に「持ち給金」とか「基本給金」と呼ばれ、単に「給金」と言うこともあります。
力士生活を続けるかぎり褒賞金がついて回り、番付、場所の成績、昇格などによって加算されていきます。力士褒賞金としての最低支給標準額は、地位によって次のとおり決まっています。

横綱  150円   
大関  100円   
幕内   60円
十両   40円
幕下以下 3円

地位が下がると、昇進当時の増加額に相当する金額を減らし、また、地位が上がったときに最低支給標準額に達していなければ、その額に引き上げます。この褒賞金をお金にして支給するときは、4、000倍します。
たとえば、ある力士の褒賞金が1、000円であれば、1、000円×4、000で400万円が支給されます。

本場所の成績によって力士養成員に支給されるものです。
幕下
三段目
序二段以下
勝ち星
2、500円
2、000円
1、500円
勝ち越し星
6、000円 4、500円 3、500円

三役以上の力士には、本場所があるごとに次の「本場所特別手当」が支給されます。
横綱  20万円  
大関  15万円  
関脇   5万円
小結   5万円

地方場所では、旅費支給規定により、旅費、宿泊料、日当などが特別に支給されます。正確な額や日当の日数は公表されていませんが、力士の地位によって額は異なり、日数は35日分として支給されているようです。

宿泊費日当
横綱8、000円3、000円
大関 7、500円 2、000円
関脇 6、500円1、600円
小結 6、500円 1、600円
前頭 5、700円 1、400円
十両5、000円1、200円

三賞とは、殊勲賞、敢闘賞、技能賞のことですが、次の額が支給されます。
殊勲賞  200万円
敢闘賞  200万円
技能賞  200万円

本場所の優勝者には、階級によって次の賞金が贈られます。
幕内  1,000万円  
十両    200万円  
幕下     50万円  
三段目   30万円
序手段   20万円
序ノロ   10万円

「退職金」という名目ではありませんが、十両以上の引退力士を対象に支給される「養老金」がそれに相当します。これは「基本金」と「加算金」の二本立てになっていて、「力士養老金および勤続加算金支給規定」に基づき、番付の地位や勤めた場所数などを考慮しています。

基本金一場所ごとの加算金
横綱1、500万円50万円
大関 1、000万円 40万円
関脇763万円25万円
小結 763万円25万円
前頭 763万円 25万円
十両475万円21万円

1