1. まとめトップ

XPERIA Z1 SO-01Fは高スペックスマホ!カメラもすごい防水防塵

XPERIA Z1 が日本で2013/11に発売されます。カメラもすごい。より高い防水性。docomo(SO-01F)今回はアンドロイドスマホ

更新日: 2016年07月04日

147 お気に入り 793710 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tutaemanさん

XPERIA Z1は何が凄いの?まずは簡単にXPERIA Zとの違いは?

「Xperia Z1」。製品名の“Z”が意味する通り、細部は異なるものの基本デザインはXperia Zと同種の薄型フラットフォルム

Xperia Zと比較すると、外観面における「質の向上」がXperia Z1で大きく変化したポイントの一つ。細部に至るまで徹底的にデザインされており、各部がブラッシュアップされている。

見た目では違いが分かりにくい “触った感触” を追求する思想はとても大切だと考えている。なにせスマートフォンは常に持ち歩く大切な道具。触った際に気持ちが良いことは重要な要素

見た目は似ているがその実、スペックは大幅に向上
CPUが1.5GHzのクアッドコア(Snapdragon S4 Pro APQ8064)から2.2GHzのクアッドコア(Snapdragon 800 MSM8974)へとクロックアップ。

ディスプレイサイズは約5.0インチ(1980×1080ピクセル)と同等ながらも、Z1ではソニーが映像機器分野で展開している“トリルミナス ディスプレイ”のモバイル版「トリルミナス ディスプレイ for mobile」を採用。これにより、従来のディスプレイよりも再現できる色の幅が広がり、色彩豊かな映像表現に対応

防水・防塵能力もIPX5/7、IP5XからIPX5/8、IP5Xとなり、防水能力が向上している

ソニーモバイルの新型スマートフォン「XPERIA Z1」を語る上で外せないのがカメラ機能

カメラ性能が大幅にパワーアップしている。カタログスペックでは、
■有効画素1310万画素から2070万画素へと画素数アップ(フロントカメラは220万画素と同様)しているだけだが、搭載された撮像素子、レンズのレベル一味違う

具体的にXperia Z1のカメラ機能はどこが向上したのか。それは大きく分けて「全画素超解像3倍ズーム」「ブレない静止画と動画」「高感度な写真」の3点。

Xperia Z1(ゼットワン)の多彩なカメラモード

タイムシフト連写機能です。 シャッターを押した前後1秒間を61枚で記録できるようです

Xperia Z1の大きなウリの一つは「カメラ機能」であることは間違いない。なんといってもレンズに「Gレンズ」の名を冠した物を搭載している

センサーサイズは1/2.3型に拡大。Xperia Zが1/3.0型であったので、画素数の向上と共にセンサーサイズの拡大が図られている

★もう輸入盤は日本で発売されていた!

販売されているカラーはブラックとホワイトで、パープルは未入荷。実売価格は89,800円
XPERIA Zの強化版「Z1」が直輸入、カメラは2,070万画素

「TRILUMINOS Display for mobile」が採用。“ジャギーフリー”の鮮明な映像を実現

XPERIA Z1レビュー記事まとめ

スペック詳細紹介

XPERIA Z1の背面画像です。なかなかいい色です。紫は、XPERIA Zと比べてもう少し明るい色かもしれません

XPERIA Z1主なスペック

「XPERIA Z1」の主なスペック
メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー5型液晶
画面解像度1080×1920ドット
サイズ約74×144×8.5mm
重量約170g
CPUSnapdragon MSM8974 2.2GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM)2GB
内蔵ストレージ(ROM)16GB
外部メモリーmicroSDXC(最大64GB)
OSAndroid 4.2.2
LTEBands 1、2、3、4、5、7、8、20
下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
HSPA+850(Band 5)、900(Band 8)、1700(Band 4)、1900(Band 2)、2100(Band 1)MHz
GSM850、900、1800、1900MHz
無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数リア:約2070万画素CMOS/イン:約220万画素CMOS
バッテリー容量3000mAh
NFC○
防水/防塵○/○
連続待受時間(3G/LTE)約850時間/約760時間
連続通話時間(3G)約900分
カラバリブラック/ホワイト/パープル
発売時期今秋以降

http://ascii.jp/elem/000/000/822/822239/

1 2 3 4 5 ... 13 14