1. まとめトップ
  2. 雑学

【なんでも鑑定団】 鑑定額ランキングがすごい!

『開運!なんでも鑑定団』は、テレビ東京系列の人気番組。過去の鑑定額ランキングはいかほど!?オープンザプライス!

更新日: 2013年03月01日

25 お気に入り 253180 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

starblows1さん

【第5位】

宮沢賢治の親友・保阪嘉内の息子さんである
保坂庸夫(80歳医師)さんが父宛ての賢治の手紙73通を鑑定

「明治以降の近代文学史の中にあって超一級の資料となるべきもの。
葉書1枚が120万から280万の評価。
書は200万から600万の評価となる。
生原稿なら4~5枚で1000万の評価となる。」

七宝桜花群鶏旭日図大香炉 (しっぽうおうかぐんけいきょくじつずだいこうろ)
1893年シカゴ・コロンブス万博で飾られたもの。
高さ2メートル16センチ。

青銅の白頭鷲は、金工の第一人者杉浦行宗。
七宝は、塚本儀三郎と林喜兵衛。
原画は、日本画家荒木寛畝(あらきかんぽ)が担当した。
完成までには3年の歳月を要した。

【第4位】

【第3位】

世界的なお宝。今から3400年くらい前の殷王朝の青銅器に間違いない。

大変に状態が良い。殷時代の青銅器がこうして出てくるのはまさに奇跡。

マリリンさんが、地下鉄通気口の場面で着用したホルターネックの白いドレスは、衣装デザイナーのトラビーヤが手がけた。その後のアメリカのポップカルチャーの代表とされていた。

【第2位】

【第1位】

依頼人のモーリッツさんはかつてヘッセン州を治めていた一族の末裔。17世紀に中国や日本から磁器を買い集めたヴィルヘルム8世を始め、先祖が集めた数々のお宝を持っている。

1670年代に初代柿右衛門と柿右衛門家の人々により製作されたもの。山水の線がハッキリして、そこに紐を無造作にかけても邪魔になっていない。釉薬が極端にうすいため、絵具の色がハッキリ出ている。国宝レベルと言っても過言ではない。

1