1. まとめトップ

癒される~野鳥のさえずり~鳴き声~

季節の移り変わりをおしえてくれるもの、そのひとつに小鳥の鳴き声があります。そんな時、なぜか懐かしく感じるのはなぜでしょうか?騒音に疲れた時には野鳥のさえずりで癒されませんか?

更新日: 2015年06月27日

六甲山系さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 54792 view
お気に入り追加

サヨナキドリ (英語・ナイチンゲール)(仏語・ロシニョール)

西洋のウグイスとも言われるほど鳴き声が美しく
夕暮れ後や夜明け前によく透る声で鳴く。
出典:ウィキペディア

カッコウ

日本には夏鳥として5月ごろ飛来する。
さびれたさまのことを「閑古鳥が鳴く」というが、この閑古鳥とはカッコウのことである。古来、日本人はカッコウの鳴き声に物寂しさを感じてたようである。
出典:ウィキペディア

オオルリ

コルリ、ルリビタキなど共に、「青い鳥」御三家の一つである。
日本三鳴鳥のひとつ(他はウグイスとコマドリ)
日本には夏鳥として4月下旬ごろに渡来し、南西諸島を除く北海道から九州までの全国各地で繁殖する。
10月ごろまで見られる。
出典:ウィキペディア

こまどり

夏季に日本やサハリン、南千島で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部へ南下し越冬する。日本では夏季に繁殖のため九州以北に飛来(夏鳥)する。
ウグイスやオオルリと共に日本三鳴鳥の1つとされる。
出典:ウィキペディア

ヨーロッパこまどり Robin

イギリスでは特に馴染み深い野鳥の一つであり、政府などから正式に制定されてはいないが一般に国鳥とされている

繁殖期にはよくさえずり、日中から夕方までさえずる。時には夜もさえずる個体があり

ウグイス

「ホーホケキョ」が接近する他の鳥に対する縄張り宣言、「ケキョケキョケキョ」が侵入した者への威嚇であるとされている。
「ホーホケキョ」と鳴くのはオスである。
「ホーホケキョ」とさえずるのを初めて聞いた日を『ウグイスの初鳴日』と呼び、気象庁が生物季節観測に用いている。
平地にて鳴き始める季節が早春であることから春告鳥ハルツゲドリの別名がある。
出典:ウィキペディア

クロツグミ

ツグミ
夏季にシベリア中部や南部で繁殖し、冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する
。和名は冬季に飛来した際に聞こえた鳴き声が夏季になると聞こえなくなる(口を噤んでいると考えられた)ことに由来するという説がある。
出典:ウィキペディア

ヒバリ

繁殖期が始まるとオスが囀りながら高く上がって行く「揚げ雲雀」を呼ばれる縄張り宣言の行動は古くから親しまれている。
出典:ウィキペディア

ホトトギス

オスの鳴き声はけたたましいような声で、「キョッキョッ キョキョキョキョ!」と聞こえ、「ホ・ト・…・ト・ギ・ス」とも聞こえる。早朝からよく鳴き、夜に鳴くこともある。この鳴き声の聞きなしとして「特許許可局」や「テッペンカケタカ」が知られる。
出典:ウィキペディア

キビタキ

「ピッコロロ、ピッコロロ」と美しい声で鳴く。さえずりには多くの種類があり、生息地域によっても異なる。またm囀声は大変に変化に富んでおり、時には「オーシツクツク」とまるでセミのツクツクボウシの鳴声とそっくりな囀りをすることがある。
他の鳥類の声を真似ることもある
出典:ウィキペディア

コノハズク

全長20cm。日本に飛来するフクロウ目では最小。頭部には小さい外耳のように見える羽毛(羽角)がある。虹彩は黄色。
奥深い山で夜鳴き、夏鳥で5-6月頃にしか鳴かない。
出典:ウイキペディア

トラツグミ

主に夜間に鳴くが、雨天や曇っている時には日中でも鳴いていることがある。
森の中で夜中に細い声で鳴くため鵺(ぬえ)または鵺鳥(ぬえどり)とも呼ばれる。
出典:ウィキペディア

1

関連まとめ





六甲山系さん



  • 話題の動画をまとめよう