1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

大聖堂の猫がかわいい。トルコ イスタンブールはアヤソフィア博物館にて

世界遺産のアヤソフィア博物館に住み、訪れる人を案内してくれる猫をご紹介。かつての大聖堂におっとりと生きるにゃんこに癒される。

更新日: 2016年11月13日

999 お気に入り 119399 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jinnyaさん

トルコ イスタンブールの世界遺産にはもふもふの案内係りがいる。

そのなかでも特に有名な一匹をご紹介。
グリさんは7匹家族の一匹。2009年、オバマ大統領がここを訪れた際、大統領にかわいがられたことで有名に。
写真家岩合光昭さんの「世界ネコ歩き・イスタンブール編」にも登場しています。

元の名前はハギア・ソフィア大聖堂。トルコ名でアヤソフィア。ビザンチン建築の最高傑作と言われる由緒ある教会建築で、現在は博物館として公開されている。
ユネスコ世界遺産にも登録済み。

この博物館の考古学者のデフネ・テカイ氏によると、グリさんはアヤソフィア生まれのアヤソフィア育ち。
博物館に来る観光客にもとても懐いていて、カメラに向かってポーズを取ってくれることもあるそうだ。

大聖堂のにゃんこは神様を身近に感じてる。

光ってるところには神様がいる。あったかいところだよ。

光ってるところにグリさんあり。

しかし光り過ぎである。

これで寝てるんだぜ…

観光客の接待をしたり

台座でポーズを取るのも重要なお仕事

オバマキャットとかいわれたことも

今日もかつての大聖堂で日がな訪れる人を眺めつつ、ゆったり過ごしているのです。

身だしなみにも気をつけなきゃいけません

1 2