1. まとめトップ

傷口に砂糖を塗るというギャグのような治療法が絶大な効果を発揮中!

傷口に塩を塗る(弱っているところを、故意に追い討ちをかけて更に酷い状態にすること)はことわざでありますが、「傷口に砂糖を塗る」と逆に傷口が治るそうです!

更新日: 2013年02月18日

28 お気に入り 65283 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rinqoo1976さん

傷口を治すために、砂糖を塗ると良いって知っていましたか?

「砂糖療法」・・・何をするかと言うと、傷口に砂糖をかける

ただの民間療法といわれていましたが、アメリカの医者が7年間にわたり患者に試したところ、一定の成果が見られたようで効用は実証済み

▼病院でも砂糖を使っている!?(イギリスでは比較試験中)

どれも実際に試してみて、早く治ったという事例ばかりです^^
驚くべきは「病院でもやっている」ところもあるという点です!

英国ウェストミッドランド州の病院では、砂糖を用いるアフリカの民間療法が、床ずれや下腿の潰瘍、切断による傷の治療に絶大な効果を発揮している。

これまでに35人が砂糖療法を受け、副作用や悪影響は1例も出ていない。他の医師や看護師も効果を実感し始めており、ウェストミッドランド州では、Murandu氏を中心に、3つ病院で比較試験が行われているという。
詳細は元記事へ→http://irorio.jp/kondotatsuya/20130217/47198/

▼なんで砂糖で傷が治るのか

防腐剤というと塩を思い浮かべがちですが砂糖も負けていません。砂糖には食品などに含まれる水分を奪い取る性質があり、それにより微生物の活動を抑える効果があるんです。

傷に砂糖を塗ることで水分がそちらに吸収されるため、バクテリアの増殖が食い止められ、傷の治癒が促されるのだ。

▼実際に砂糖療法で回復した方の例

私は3回の手術をしてもうまく傷が塞がらなかったので、結局縫ってあった傷口をまた開いて、
毎日傷口を生理食塩水で洗い、砂糖をかけてガーゼと包帯で保護しておくという
一見不思議な治療法なんですが、これがかなり効果がありました。
私の入院していたN医療センターの整形外科では砂糖療法がかなり流行っていて、
私のほかににも数人が砂糖療法をしていました。

ちなみに砂糖療法に使う砂糖はクルルマークのグラニュ糖でした・・・
スーパーで普通に売っている砂糖ですよ。
これが一番効果があるとは・・・砂糖・・・侮れません!!!
実際私も、砂糖のおかげで傷口も塞がり、感染も治まりました。
本当に不思議な本当の話です。

「砂糖療法で傷が治った! - 明日に向かって - Yahoo!ブログより」
http://blogs.yahoo.co.jp/akiko19721113/52580729.html

▼止血や打身にも効果がある生活の裏ワザとしても紹介されています

包丁で指を切った時にすぐに出血を止める裏ワザ

傷口に砂糖をすり込んで、しばらく強く押さえつけておけばOK!
砂糖が傷から滲み出してくる体液を吸い取って、糖分が細胞を活性化させるそうです。

又、他にも砂糖には効果があって、同じく怪我をしたときですが、切り傷だけでなくて打身にも、砂糖が有効です。
打ったところに砂糖を水で薄めたものを塗ると打身の腫れがひいてきます。

▼心理的効果もあるようです

砂糖というごく身近な物質で傷がたちまちよくなる様子を目にすると気持ちが前向きになり、頑張ってリハビリをしようという意欲が湧いてくる。肉体面だけでなく心理的な効果も大きいのだ。

1