1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

rokantaさん

▼ロシアに墜ちた隕石はアメリカ製の新型兵器だった?

これは隕石の落下ではない。米国による新兵器実験だ。

ロシア自由民主党のウラジーミル・ジリノフスキー党首が発言。

CSM(Conventional Strike Missile)は、アメリカ軍が構想中の通常弾頭搭載型打撃ミサイルである。

2014年に配備を完了させる予定の「全地球即時攻撃計画」のひとつ。

核兵器や通常爆弾などの「爆発」による破壊力ではなく、重金属等で出来た弾頭が高速で落下した際の「位置エネルギー」を利用し、目標を破壊する。

▼いや、「神の杖」と呼ばれる別の新型兵器だった?

▼奇妙な符号

隕石が落ちた場所は国営原子力発電所のある村だった。

米国のジョン・ケリー国務長官が11日に何かを警告するためにセルゲイ・ラヴロフ外相に連絡しようとしたが、なぜか3日間も連絡がとれなかった。

ムロク副知事は16日、隕石の捜索を中止したことを明らかにした。科学的な全容解明に影響が出るおそれもある。徹底的に捜索されたのか疑問が残る。

▼いや、墜ちてきた隕石をロシア軍が撃ち落とした??

ロシア空軍がミサイルをいっせいに発射し、高度20キロメートルで隕石を破壊した。

物体が上空で突然炎に包まれ、粉砕するのを目撃。爆薬のようなにおいを感じた目撃者もいた。

隕石は飛行機雲を形成する成分はないので、流れ星でわかるように、筋は一瞬で消えます。

▼いやいや、実は隕石の落下をUFOが阻止した???

≪参考URL≫

1