1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

patongneverさん

【モイストヒーリングとは】

モイストヒーリングは痛みも少なく治りも早いという自然治癒力を生かした治療

擦り傷は切り傷、ヤケドに効果があり傷跡も残りにくい

【モイストヒーリングの原理】

傷の部分に傷から出る体液を保持し、傷を湿潤状態に保ち細胞の活動を活発化させて治癒を早める、というもの

傷口から出る滲出液には、傷の治りを早める成分が含まれています

表皮は、滲出液の中で細胞が増殖・移動し再生されます。かさぶたができてしまうと、その活動は妨げられ、細胞が死んでしまうこともあるのです。なめらかな表皮を早く再生するためには、体液を保ちかさぶたをつくらないようにします

【覆される従来の傷治療】

傷を乾かさない

適度な湿潤環境を維持することで皮膚の自然治癒力を高めます。

【モイストヒーリングの3つのメリット】

①痛みが少ない

流水で洗うだけですから、消毒薬が滲みる痛みから解放されますし、湿潤環境に置くことでかさぶたができることなく、上皮が形成されていきます。

②ガーゼを剥がすときにかさぶたがとれて、また出血してしまうなんてこともありません

もちろん、かさぶたのせいで皮膚が突っ張る感じもありません。

③早く治る

傷の程度にもよりますが「消毒とガーゼ」を使った治療で2~3週間かかるところを「湿潤療法」は4~5日で治療することができます。

【モイストヒーリングの注意点】

感染がみられるキズには使用しないでください

感染がみられるキズとはキズの周りが赤く、熱や腫れなどの異常があったり、ズキズキとした痛みが続いたり、膿を持っていることもあるキズです。

深い刺し傷や動物に噛まれた傷の場合

破傷風や蜂窩織炎などの創感染の可能性があるので閉鎖湿潤療法は避けてください。

糖尿病などで免疫力が落ちている人の傷にラップを貼ることは危険

爆発的に増えた細菌は、傷口から血液の中に入り込み敗血症性ショックと言われる状態をおこすことがあります。

1