1. まとめトップ
  2. カラダ

小顔になりたい人は今すぐやめて!「顔の歪み」の原因になる5つの習慣

あなたはいくつ当てはまりますか?毎日の習慣が少しずつあなたの顔を歪ませているかも…。

更新日: 2013年02月24日

1967 お気に入り 806466 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1.食べ物を片側だけで噛む

片咬みを続けると、片方だけ筋肉が肥大して左右非対称になることがあります。

顔のゆがみを生み出すだけでなく、姿勢の悪さ、頭痛、肩こりなどの不快な症状をともないます。

片噛みばっかしてたから右の頬だけ丸くて左の頬はシャープというなんだかアンバランスな顔になっちゃってる。コンプレックス。意識的に使ってない方の歯を使うようにしてるけど、治るかなー(^_^;)

2.頬杖をつく

頬杖をつく癖があると、顎が圧迫されてゆがんできます。

3.口呼吸をする

口で息を吸い込んでばかりいると「ポカーン」としただらしない表情になりがち。

出っ歯や受け口の原因になります。

口で呼吸すると、様々な細菌を吸いこんでしまうので、風邪をひきやすくなったり、あらゆる不調の原因につながる。

日常生活では鼻呼吸できるんだけど寝る時出来ないんだよなあ…。そして意識すると出来なくなるw 口呼吸のやつの特徴→下膨れ、鼻デカ、たらこ唇、一重らしいからマジ直すし…!

4.寝る時に同じ方を下にして寝る

いつも顔の一方だけに圧力がかかるために、徐々に顎の骨がゆがんできます。

仰向けの姿勢で眠る事で、顔や体の歪みも引き起こさなくなって、顔のむくみも改善されて小顔に近づけます。

寝るときのスタイルは横向き。右が下のほうが好きやなぁ。起きたときも横向き。目覚めて天井見たことないもん。

5.猫背

猫背でいると顔肉が増えてきます。
その状態で、右の顔が下がると、口角が下がったり、目の大きさが変わって、左右の二重に差が出たりするのです。

顔が前に出る分、良い姿勢でいる時よりも顔が大きく見えてしまいます。

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1