1. まとめトップ

【心に響く!】アナザースカイで飛び出した安藤忠雄の名言

毎週金曜日23:00から放送されている”another sky-アナザースカイ”での安藤忠雄さんの言葉が心に響いたのでまとめてみました。

更新日: 2013年10月02日

151 お気に入り 74124 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

TS429TAさん

安藤忠雄とは

日本の建築家。 大阪府大阪市港区生まれ、同市旭区出身。一級建築士。東京大学名誉教授。21世紀臨調特別顧問、東日本大震災復興構想会議議長代理、大阪府・大阪市特別顧問。

表参道ヒルズなど数々の建築を設計

another skyで飛び出した名言

家に持って帰って考える、会議して考えるって言うてるから、今世界のスピードに遅れてるんですよ。

面白い物があるいうたら分からなくても行ってみると。挑戦してみると。音楽でも聴いてみようと思うんですけど実際には分かりませんけども、その気持ちが大事でしょ。

いざという時はどないでもなる。ノックアウトしたらいいと思ってましたよ。

全力投球でやれば可能性は見つけ出せるもんだろうと思ってますし、仕事というのはそういうもんです。その気持ちがある時はまだ青春だと思っています。

お金は何の栄養にもならんという事だけはよく分かりました。

条件悪い、難しい、それを超えていく時に人生面白くなる。

人間、人生なんて休む暇無いよ。

全力でやればね、必ず向こうから面白いほど寄ってきますよ。

かっこ悪くてもいいから、がむしゃらに働いてやってみないと。

何か自分で若い時に、興味のあるものを探さないかん。自分の面白いものを探していく間は心が燃えとる。

まあ、全力でやれば必ず光が見えてきますよ。

もっと皆スピードをあげて走らないかん若い子は。

一流大学出て一流企業に行くスタイルじゃない人たちがたくさんいる訳です。その人たちにもチャンスがある時代ですよ。気持ちさえあれば必ず前へいくんですよ。

1 2