1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yomogimocchiさん

個人事業主の税金の仕組み
 どうすれば節税ができるかを知るために、まずは個人事業主の税金の計算方法から確認してみよう。個人事業主の所得税は以下の式で計算される。

■売り上げ-経費=所得
■所得-各種所得控除=課税所得
■課税所得×税率=所得税

その前に・・・節税のための1つ目の方法は経費を増やすことだが、その前にやることがある。収支の確認だ。もうかっていないのに経費を増やすのは論外。

経費で落とせるもの

食事代

飲食店などを運営している場合、飲食店での勉強のための食事を取材費などで落とすことができます。
また、営業の場合は見込み顧客、顧客の接待なども経費で落とすこともできます。

残業食事代

・少人数の組織
・残業で夜遅くまで仕事があった場合など
・「お疲れさん」って感じで一般的な金額を支払う
・そんなにしょっちゅうは払っていない
または
事業主一人の個人事業者が、自分で残業食事をした場合

書籍、新聞費

サイトを運営していると、色々参考書籍を購入します。これらは全額経費に出来ます。仕事に関係のある書籍を購入した場合には当然費用として計上できます。
仕事に関係のない書籍は経費として計上できません。

前にテレビで見たんですが、とある漫画家の人がエロ本を経費に計上していました。
「漫画を書くのに参考にするから」だそうです。税務署も折れたらしいです(汗)

家賃

自宅の一部を事務所にしてしまえば、家賃の一部を経費とできます。割合は面積比で算出するのが妥当です。

電気代

経費として落とせます。割合は部屋の面積費や、使用時間などが妥当でしょう。

インターネット接続代、電話代

プロバイダー代金、NTT回線料などは全て通信費として経費にしても問題ないでしょう。携帯電話は、取引先との連絡に使用している場合は、経費で落とせます。

パソコン、ソフト、備品購入

10万円以上の備品購入は、通常固定資産に計上します。しかし、最近はIT促進減税、中小企業の小額資産損金参入制度で30万円までは即時全額経費で落とせます。

サーバー代、アクセスアップサービスなど

全額経費にできます。

交通費電車の運賃、ガソリン代、高速代

その移動が仕事にかかわる事であれば、宿泊代なども対象になります。仕事の目的を全てメモしておきましょう。

自動車税等、車検費用、駐車場代

90%を事業経費に入れても大丈夫です。
時間貸し駐車場については、事業で使用した分だけにして下さい。
よく分からない場合には、使用頻度で考えて頂くといいでしょう。

荷造運賃

宅配便・宅急便など運搬に関する経費は荷造運賃で落とします。
尚、梱包に使ったガムテープや段ボールもこの項目で落とせます。

広告宣伝費(名刺・広告)

商品案内のために使った広告。名刺・年賀状など宣伝を目的として使った費用は広告宣伝費として経費に落とすことが可能です

会議費

会議中のお茶やお菓子なども必要な経費。
牛乳を使えば牛乳も会議費になる。

家族への給料

家族を従業員として雇えばその給料を経費にできる

交際費あれこれ

交際接待費

・取引先担当者や制作スタッフとの飲食代
・取引先へのお中元・お歳暮等の贈答品代
・仕事上のおつき合いによる冠婚葬祭の包金

商品券

お中元・お歳暮等として商品券を取引先(得意先・仕入先)に贈った場合、その購入に要した費用は交際費勘定で処理をする。

従業員の食事代(飲食代・飲食費)―社内交際費

交際費は、外部事業関係者の接待等に限られているわけではなく、いわゆる社内交際費として、従業員の飲食代なども交際費で処理をすることができる。

慶弔費

社外の者に対する慶弔費用は基本的に交際費として処理する。

なお、従業員に対する慶弔費は福利厚生費として処理する。

その他

謝礼金
取引先の忘年会・新年会やゴルフコンペなどの行事に参加するための参加費

おわりに・・・

ここで紹介するのはほんの一部。仕事で使用したと証明できるよう、領収書をきちんと取って申告しましょう。
また、全てが必ずしも経費として認められるとは限りません。
税理士へ相談、税務署の指示に従い、自己責任の元に確定申告を行ってください。

1