1. まとめトップ

失恋なんてふっとばせ!力強く落ち込んだ気分を吹き飛ばしてくれる洋楽

失恋した!落ち込んでる!というときは、泣ける曲を聴くのもありですが、失恋の辛さを吹き飛ばしてくれるような力強い曲を聴いてみては?前に進もうとする背中を押してくれそうな洋楽をまとめてみました。

更新日: 2014年07月01日

132 お気に入り 47335 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

emiy2010さん

男に逃げられたからってそれがなんだ、自分はそれでもクール!あなたなんかいなくても大丈夫と言い切る歌。So What!のフレーズが落ち込んだ気分を盛り上げてくれると世界中で大ヒットとなったPinkの代表曲の一つ。

好きだった男に合わせようと必死になっているうちに、自分を見失っていた彼女が彼氏がいなくなってようやく、息ができる(=本来の自分に戻れる、解放される)ようになった、と歌う歌。ケリー・クラークソンが歌う同じような内容の歌が、下記のStronger。

私はあなたのアペタイザーじゃない(都合よく付き合ってくれる女の子)、あなたって自分のこと特別でいかしてる、って思ってるでしょ?そんなあなたにはもううんざり、さようなら。という相手に完全に愛想がつきた別れの歌。歌うのはドイツ出身のグループCascada。

今まで関係の修復を試みようとしても、ろくろく相手にしてくれなかった相手に対しての別れの歌。「あなたがいないほうがずっと(自分の人生にとって)いいんだってことに気がついた。彼がいなくても、自分は全然大丈夫!」というのがサビの内容。ハイスクールミュージカルなどでお馴染みのアシュリー・ティスデールの2番目のアルバムのリードリングル。

新しい靴を買って、今夜は新しい自分として人間関係のごたごたから離れて楽しむの、足が動かなくなるまで・・・という内容のイギリス人歌手ピクシー・ロットのヒット曲。

自分を去って新しい彼氏を得たものの、あてがはずれた元彼女へ、成功した自分(=元彼)が歌う。「君の理想の生活はどうしたんだい?君が自分の(元彼の)顔を見るたびに、地獄にいるみたいな気分を味わえばいいのに!」という復讐ソング。歌うのはアメリカの有名ロックバンド、All American rejects。Gleeでもカバーされました。

今まで一緒にいたなんて信じられない、君って本当におかしいよ!君のわがままにはもうがまんできないんだ、君が自分のことをどう思うかなんて気にしない、もうこれでおしまいだよ!という男の心情を歌った歌。その名も「別れの歌」。歌うのは来日経験もあるAmerican hi-fi。

関連リンク

1