不幸な子供

不幸な子供

あまりの不幸の連続に、読者は最終的には主人公がどこかで助かることを想像せずにはいられないが、結局は不幸のままで物語が終わっており、不幸の連鎖と救いようのない主人公を徹底的に描いた無類の傑作との評価もある。

この情報が含まれているまとめはこちら

ちょっと不気味な絵本、エドワード・ゴーリーの不条理な世界

Googleのロゴがイラストになっています。これは、「うろんな客」や「不幸な子供」、「ギャシュリークラムのちびっ子たち」などの絵本で知られる、絵本作家エドワード・ゴーリー生誕88周年だからです。|Edward Gorey

このまとめを見る