1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

無料で出来るYouTubeビジネス活用!動画作成のポイントとビジネスでの成功事例

日本のネットユーザーの半数が視聴し、個人だけでなく政府や企業等もチャンネルを開設し動画でPRするYouTube。高速なネット回線やスマートフォン等により動画コンテンツ利用の敷居は下がりました。YouTubeのマーケティング活用の成功事例と活用ポイントについてまとめてあります。

更新日: 2013年02月26日

472 お気に入り 59742 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

waijiroさん

YouTubeはGoogleに次ぐ世界第2位の検索エンジン

動画共有サービスであるYouTubeは、今や世界第二位の検索エンジンとも言われ、マーケターにとって最も重要なソーシャルメディアの一つとなっています。

フォレスターリサーチ社の調査によると、動画がある場合検索結果の最初のページに表示される確立が、53倍に上がるという結果も出ています。

日本のインターネットユーザーの半数がYouTubeを利用

利用しているサービス(複数回答)として最も多かったのは「YouTube」で56.4%。昨年の43.9%からさらに増加し、日本のインターネットユーザーの半数が利用するサービスになった。

女性の中で「YouTube」を最もよく利用している比率がいちばん高かったのは60代以上だった。

動画コンテンツの特徴とメリット

・商品は写真だけでなく、実物のような動き、雰囲気を見せることができる
・サービス紹介として、実例を見せ、わかりやすく説明できる
・会社やスタッフ紹介、社長挨拶として、信頼度を高めることができる

YouTube配信のメリット

・Googleで動画ページが上位表示される
・YouTubeからサイトへリンクをはれる
・iPhoneなどのスマートフォンでも端末に左右されず再生できる

動画コンテンツ作成のポイント

多くの視聴者は、動画を続けて見るかどうかを冒頭の数秒で決めます。

YouTubeにUPした動画の視聴者数の推移グラフ

どの動画でも最初の 15 秒間に注意する必要があります。この間に再生をやめる視聴者が最も多くなります。

作成した動画を最後まで見てもらう

撮影はスマートフォンが手軽でよい
タイムは1分ほどがよい
過度な編集をしない臨場感溢れる動画も魅力的

高価な機材を揃える必要はありません。
スマートフォンやコンデジで手軽にフルハイビジョンの動画を撮影することが出来ます。
作成する動画コンテンツの内容にもよりますが、長さは1分〜1分半程度で短くまとめましょう。
長ければ長いほど最後まで見てもらうのが難しくなります。

素材の撮影の時点からTVや映画並みのクオリティを目指しましょう

動画のクオリティをできる限り高めて、制作の基本的なベスト プラクティス(照明、音声の品質、フレーミングなど)を守らなかったせいで視聴者が見るのをやめてしまう、ということがないようにします。

動画のコンテンツ、視聴者、目的によって、適切な編集スタイル、手法、制作方法は異なります。

結果として商品やサービスの魅力が伝わることが重要
結果として会社はお店のスタッフへの親近感がアップすることが重要

1 2





このまとめへのコメント1

1