1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

敵にしておくには惜しい!映画に登場するカッコイイ悪役キャラ。

主人公の宿敵や悪のキャラクターって、許せない!やっつけろ~!って奴らが多いのは当たり前ですが、中には主役を喰ってしまう程の個性とカッコ良さがある存在感のあるキャラがいるのだ!敵にしとくには惜しい!基本的に主役の悪い奴は極力排除しています!

更新日: 2016年12月23日

1351 お気に入り 662617 view
お気に入り追加

▼映画に登場するイカした悪役キャラクター大集合!

やはり、主役のヒーローは引き立つのは、悪役に味があっての事!物凄く極悪非道な切れ者、意外とあっけなく死んじゃう奴、実はいい奴だったりするキャラまで!個性溢れる愛すべき悪役キャラクター!

『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する、映画史上屈指の悪役キャラクターの代表格。青年時代はジェダイの予言にある「フォースにバランスをもたらす者」であったが、死の運命にあるとされた妻パドメ・アミダラを救う力を得るために、シスの暗黒卿ダース・シディアス(後のパルパティーン皇帝)の甘い誘いでダークサイドに陥り、シスに転向して「ダース・ベイダー」となった。

マスターとスターウォーズ見てるなう…ダースベイダーかっこいいよな

企業面接で尊敬する人物を聞かれてダースベイダーと答えた上でダースベイダーの魅力を熱心に説きまくってその気迫が気に入られて採用された知人ぐらいの自信と勢いがほしい

暗黒面に堕ちて行くー。ダースベイダーになってしまうー。

スターウォーズだってルーク・スカイウォーカーよりダースベイダーが人気でしょ

『バットマン』シリーズに登場。原作では、ゴッサム・シティのマフィア、カール・グリソムの右腕ジャック・ネイピアが正体。グリソムの怒りを買い、薬品工場でバットマンに撃った弾を受けて漂白剤に漬かって狂気の人になった。初代はジャック・ニコルソンと、2代目はヒース・レジャーが演じた。ニコルソン版はアメコミのキャラを体現していて素晴らしいのですが、原作を超えた狂気のキャラクターを作り出したヒース・レジャーは凄い。映画の完成後、彼は帰らぬ人となった。ちなみに、ヒース版のジョーカーの過去は一切不明なのだ。以降のバットマンのヒールキャラが弱いのは、彼の存在感によるところが大きいのは間違いない!

【定期】因みにヒースジョーカー派です(つД`)ノでもジョーカーさんはみんな好き

@kyodrum わかるわかる。ヒースレジャー扮するジョーカー最高じゃない?まさに厨心揺さぶられるよね!アレ観終わったあとずっと『Why so serious?』って言ってたわ笑

知ってた?ダークナイトのジョーカーってヒース・レジャーなんだよ?

ヒース・レジャーの…というか『ダークナイト』のジョーカーは過去が描かれていない分、より不気味。

でも、ダークナイトの方が格段に面白かった ジョーカーのヒース・レジャーの遺作っていうのがあって贔屓目に見てるかもしれないけど

あらゆるアメコミキャラでダントツで好きなのはやっぱりジョーカー(演ヒース・レジャー)です

ジョーカーはジャック・ニコルソンもいいけどヒースレジャーもいいな

天才精神科医でありながら、連続猟奇殺人犯でもある。殺害した人間の臓器を食べるという狂気の異常人格者。映画では『レッド・ドラゴン』は2作、『羊たちの沈黙』『ハンニバル』『ハンニバル・ライジング』という多数の作品で登場する、大忙しの人気悪役キャラクター。トマス・ハリスの原作ではFBIの女性捜査官クラリスと恋に落ちる様な設定があるが、映画では信頼と恐怖の狭間の微妙なカンケイ。

レスリー・ヘッドランド監督『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』ある真相がセリフで丁寧に、且つ無理矢理に明かされるのを見るとやっぱりがっかりする。「連続殺人犯とレクター博士じゃ格が違うだろ?」という分かるような分からないようなセリフは気に入った。

レクター博士は「ハンニバルライジング」で妹の仇の悪い奴の頬肉をキノコと一緒に焼いて食ってたな。やっぱり頬肉は柔らかいんか。

レクター博士は女の人に花束を届けようとしてなんか悪い組織に捕まったという可愛い一面がありまして

羊たちの沈黙、ドキドキした。レクター博士めちゃくちゃ頭キレるのな。かっけ。

ハンニバル・ライジングすげーおもしろかった(´Д` ) 今までのシリーズとは全然違う感じで見やすかったな。それにしてもレクター博士かっこいい

自分が心理学を志した理由はレクター先生に憧れたからである。

出典ameblo.jp

エドワード・ノートン演じる「僕」と共に、男たちが本気で殴り合う場所=ファイト・クラブを作った石鹸の行商人・タイラー・ダーデン。ブラッド・ピットが演じた。彼はテロリスト集団を結成するという悪の権化。理想のルックス、頭が良く、ユーモアもあり、持ち前の行動力と信念でタフに生きている。その実は...。存在自体がカッコイイ。

「畜生…畜生、タイラー!畜生、ファイトクラブ!畜生、マーラ!もうお前達はたくさんだ!!」

ファイトクラブとセブンを鑑賞して一人デビッドフィンチャー祭り。セブンの方が好きかな。しかし消費社会の奴隷としてはタイラーダーデンさんのアウトローっぷりにも惹かれるものがある。

1 2 3 4 5 6





音楽や映画の良作を中心にオススメしています。