1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

神宮球場でのプロ野球観戦!知っておくといいことまとめ

神宮球場で学生時代に3年ほどアルバイトをしていました。チケット・食べ物などこれまで以上に神宮球場でプロ野球を楽しむためのちょっとしたポイントをまとめています。

更新日: 2013年03月31日

194 お気に入り 1045431 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gallantarrowさん

東京で野球見るなら、やっぱり神宮!

ドーム球場全盛期の現在、神宮球場は青空もしくはカクテル光線のもとで野球を見ることができる古き良き球場です。
家族・仲間・恋人など野球好きが周りにいたら、ぜひ行ってみてください!

と、言う訳で以下、神宮球場で野球観戦をする際に知っておくと便利なことをまとめてまいります。

<アクセス>

仕事や学校帰りに行くことが多い神宮のナイター。試合開始に間に合うよう、アクセスには注意を払いたいところです!

神宮球場へのアクセスって何駅が使えるの・・信濃町?外苑前?
実は意外と使える駅が多いのでどこが便利か今一度確認の上おでかけになるといいでしょう。

地図にはないですが、副都心線北参道駅も利用可能です。

東京メトロ銀座線「外苑前」3番出口より 徒歩約5分
東京メトロ半蔵門線「青山一丁目」1番出口より徒歩約15分
東京メトロ副都心線「北参道」2番出口より徒歩約20分
JR総武線「信濃町」より徒歩12分
JR総武線「千駄ヶ谷」より徒歩15分
都営大江戸線「国立競技場」A2出口より 徒歩約12分

<チケット>

近年はコンビニなどで手軽にチケットが買えるようになりました。基本的に平日のナイターであれば当日券でも大丈夫ですが、巨人・阪神戦、土日祝のゲームは混雑するので早めに購入しておくのがいいでしょう。

各新聞社などが発行する招待券はそれだけで外野自由席への入場ができますが、試合当日に限り球場内にある「切替所」に持っていくと定価より安く指定席に変更することができます。

一度入場してからも変更可能なので、空いている日であれば中の様子を見てから決めることもできますよ!

※当日の空席状況により切替を行わない場合があるので注意!!

【切替料金】
外野指定席=1000円(定価:1900円)
内野A指定=2000円(定価:巨人・阪神戦3900円/それ以外3500円)

外野だと900円オトク。内野だと1500円以上もオトク!

ファンクラブに入るとチケットが割引価格(500円~1000円引き)で購入できます。年会費がかかりますが、一番安いライト会員なら年に5回行けばモトが取れる計算です。オープン戦無料招待などの特典も魅力。

ちなみにビジター側のチケットも買えるので、スワローズファンじゃなくても入会している方もちらほら・・・。

<座席選び>

神宮球場は選手との距離が近いのも魅力です。
ポイントを押さえて観戦スタイルに合った席を確保しましょう。

神宮球場は古い球場なので、ブルペンが屋外にあります。内野席の前方の席であればウォーミングアップする選手が目の前で見られます。料金は無視してとにかく前列を狙うのがいいでしょう。
ヤクルト側の場合選手とのハイタッチなどのイベントも開かれます。

試合終了後も選手がクラブハウスに引き上げるときにグランドを通りますので、その様子も間近で見られます。

外野指定席は自由席と500円しか変わらないのに席が確保され、背もたれがあるのでお得な商品です!もし席が選べるのであれば、金網が邪魔になる前のほうよりも後ろの席をおススメします。

*写真は最前列から見た様子

安くのんびり野球を見たいのであれば外野席のポールのやや外側がおススメ。実は昔『内野席』として売られていた座席が現在は外野自由席になっているという歴史があるため、自由席なのに背もたれがあって眺望もよく、なおかつ空いているという穴場です!

ヤクルト側=1番入口周辺
ビジター側=13番入口周辺

神宮球場で唯一屋根がついている席があります。それは内野B指定席の2階席。ちょっとグランドが遠くなってしまいますが、とにかく雨に濡れたくない!という方にはいいかもしれませんね。

*風向きによってはふりこんでくることもあります

<グルメ・飲み物>

かつては食べ物が少なかった神宮球場も近年フードが増えてきました。楽しく、美味しく、野球観戦するためのポイントです。

神宮球場はビン・カンの持ち込みは不可ですが、水筒・ペットボトルなどは可となっています。
ソフトドリンクはペットボトルや紙パックなどをあらかじめ買っておいて持ち込むのがいいでしょう。紙コップがあればなおよしです。

瓶・カンの持ち込みは不可ですが、写真のように中身だけ紙コップに移し替える対応をしてもらえます。ただし、一度に持てる量やぬるくなることを考えると一人1~2本が限度です。

神宮球場内で買えるビールは意外と銘柄が多いです。
生ビールは各メーカーがそれぞれ売り子を出していますが、値段はどこも一律750円。となれば市場価格を考えるとエビスを飲むのが一番オトクということになりますね。

ちなみに生だけでなく、サッポロ黒ラベルの瓶が450円、キリンクラシックラガー・一番搾りの缶が500円で売っているので、売り子をよく見て好みの銘柄をご購入ください。
もちろん、好みの女の子から買うというのもアリですw

神宮の売り子さんは学生バイトも多く、技術もまちまちです。せっかく高いビールを買ったのに泡だらけ・・・なんてことを防ぐためにも、ダメもとでお願いしておくといいでしょう。

神宮球場は食べ物の持ち込みは制限していないので、あらかじめ購入してから行くのもあり!

コンビニ弁当・惣菜のほか、サブウェイやモスバーガー・牛丼などを持ち込んでいるお客さんが多かったです。球場までの経路にテイクアウトできそうなお店があるか、あらかじめチェックしておくといいですよ!

もちろん場内にも美味しいものがたくさんあります!
バイトの間で特に評判だったメニューをご紹介!!
↓↓

内野でカレー食べるならここ。大なべで煮込んであって美味しいです。

1 2