1. まとめトップ

【閲覧注意】俺の人生の話をしようと思う【2ちゃんねる】

まず、俺はいじめられっ子だった 親父が転勤で横浜から島根に引っ越したのがまずかった 島根の連中は性魂が腐っていた 学校も松江城のすぐ近くの学校だったが、指導方法が横浜の学校とは違いすぎていた すげースパルタ教育で、やたらと教師が郷土愛とか竹島とか口にする 俺には合わなかった

更新日: 2013年02月23日

39 お気に入り 262889 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

イチロウさん

【閲覧注意】俺の人生の話をしようと思う【2ちゃんねる】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 00:02:52.81ID:VeSzCuUS0

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 00:05:39.17ID:VeSzCuUS0

まず、俺はいじめられっ子だった
親父が転勤で横浜から島根に引っ越したのがまずかった

島根の連中は性魂が腐っていた
学校も松江城のすぐ近くの学校だったが、
指導方法が横浜の学校とは違いすぎていた
すげースパルタ教育で、やたらと教師が郷土愛とか竹島とか口にする

俺には合わなかった

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 00:07:27.13ID:VeSzCuUS0

引っ越してきた小学2年から5年までは何とか学校に通ったが、
ついに登校拒否になった
小学6年はほとんど学校に行ってないし、
中学も1年の時はずっと家にいた

中2になった時に、親父がまた引っ越すことになって俺は大阪に行く事になった

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 00:09:06.73ID:VeSzCuUS0

大阪の学校は割と天国だった
都会モンとか言われて苛められる事もなく、
自由な感じで制服も無くて助かった
島根に長年いたせいで、娯楽とか本当になかったんだが別世界だった

で、中学の残りの期間はちゃんと通って卒業を迎えたんだ

48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 00:13:54.11ID:VeSzCuUS0

クラスでは苛められていたが、俺には友達がいた
当時やってたカードゲーム繋がりで別のクラスだったが、何人か仲の良い奴らがいた

ところがある日、俺が廊下を歩いていると曲がり角の向こうから友達の声が聞こえた
「○○←俺の事、あいつキモいよなあ」
「クラスでも苛められてるんだろ? 一応友達やってやってるけど、あいつだけはないわw」
俺は目の前が真っ暗になった

全てがどうでも良くなり、次の日から高校には行かなくなった
自分の部屋から出る事も無くなった

54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 00:16:40.22ID:VeSzCuUS0

親は非常に俺の事を心配したが、俺はもう何も喋らなかった

当時βテストをしていた
ラグナロクオンライン(RO)というMMORPGにハマり、
食事の時以外はずっとROをしていた

半年くらいが過ぎて秋になるころ、
俺は出席日数の関係で学校を退学になる事になった

親は泣いていたが、俺はもう何も感じずにROを延々とやっていた
レアアイテムのカードを手に入れて武器を強化し、モンスターに与えるダメージを上昇させて、
より少ない攻撃回数で敵を倒す事が俺の人生のすべてになっていた

61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 00:20:12.56ID:VeSzCuUS0

あの手この手で親は俺を社会復帰させて、通信制の高校に入って大学に行く事を薦めてきたが、
俺はただ「うぜえ」としか思わなかった。ひたすらROをやり続け、気付くとサーバーの中でもかなり大きなギルドに入っていた

当時はまだ対人戦などが実装されておらず、ひたすらチャットと狩りしかやることのないゲームだったが、
俺は非常に満足だった。ネットの世界は居心地がよく、自分を傷つける現実はそこには存在しなかった。

69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 00:26:31.29ID:VeSzCuUS0

そのまま1年くらいが過ぎていた
ROにも次第に飽きてきたので、
俺はリネージュ2という新しいMMOを始める事にした
キャラはパンチラが見たくて女エルフにし、
弓を選んで進める事にした

今となってはショボいグラフィックだが、親が自分のために貯金してくれていた郵貯の口座から
30万ほど抜いて組んだPCで、今までのROとは次元の違う美しい世界に俺は感動した
そのままレベルも上がってきたころ、俺は狩場で二人組の連中に声を掛けられた

「一緒に狩りしねえ?」

ソロに飽きていたのでパーティ申請を許可すると、俺たちは狩り始めた
狩りながら雑談をしていると、そいつらはリネージュという別のゲームから移ってきた事が分かった

ROプレイヤーとは違い、ZELとかDAIとか訳の分からない略語を使って喋りまくる
話の内容は半分も理解できなかったが、こいつらは「勝つ」ことを前提にプレイしていて、
今まで俺のやっていたROにはいない人種だと分かった

72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 00:31:30.61ID:VeSzCuUS0

俺はROには戻らずにリネージュ2に残った
一緒に狩りをした連中はクランというプレイヤーの組織を立ち上げ、スタートダッシュに成功してサーバーでも大手の勢力になった

レべリングのため、試行錯誤しながら狩りを効率化し、クラン内での誰もが高効率な狩り方ができるように、手順を決めて一般化していく
今までやっていたROにはない概念だった。クラン内ではひたすら「改善」という言葉が飛び交い、「勝つ」ためのやり方を考える風土だった

楽しかった。今まで自分は、MMOの楽しみを10分の1も理解していなかったのだと思った

80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 00:37:05.26ID:VeSzCuUS0

そうこうしているうちに1年が終わり、冬になった
俺にとってはもうリネージュ2(以下リネ2)が自分の人生のようなものだった。「本当の人生、始まる」とかいう
キャッチコピーが当時の2chではさんざんネタにされていたか、俺にとってはその通りだったと思う

最初は怪しげな革の服とスカートを履いていた俺のエルフは、白銀の鎧に豪華な弓を携えるようになっていた
プレイヤーの「狩り方」も分かってきたので、集団で敵対クランをPKし、時には単独でプレイヤー狩りをするようにもなった
修正が入り、俺の弓はキャラとしては弱くなってしまったので、魔法使いのエルフを新しく作った

弟はネトゲにはまっていた俺に呆れながらもまかまか偏差値の高い大学に入り、たまに母親が誰もいない
深夜のキッチンで泣いている事は知っていたが、俺にはもう現実世界はどうでもよかった

83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/22(金) 00:44:10.37ID:VeSzCuUS0

所属しているクランはサーバーでも最大勢力になった
俺のキャラクターは希少な装備に身を固め、したらばの晒しスレの常連になった

現実の俺は20歳になろうとしていた。成人式の日にも家の外には出ず、ひたすらリネ2をやっていた
その時の俺の人生計画としては、30歳になったら自殺しようと思っていた。また他人に苛められるリアルの人生で苦労するよりも、
楽しいネットの世界で時間を過ごして、飽きたら自殺でも何でもすればいい。本気でそう思っていた

最近2chにできたというVIP板に行ったのもその頃だった
凸と呼ばれる痛い個人サイトへの攻撃や、気に食わない企業への電話攻撃に参加した
これも非常に楽しかった。特に堂々といじめを自分のサイトに書いていた高校生をフルボッコにして、
そいつが顔を真っ赤にしながらサイト閉鎖した時は最高に胸がすかっとした

1 2 3 4 5