1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

世界屈指の透明度を誇る米タホ湖

アメリカ合衆国カリフォルニア州とネバダ州の州境のシエラネヴァダ山中にある湖である。湖は大変深く、アメリカで2番目の深さ、世界でも11位の深さを誇る。透明度に関しても世界屈指であり、かつては世界第3位を誇った。

「タホ」は、この地に先住するワショー族インディアンの言葉で「大きな水(湖)」という意味。

しかし…

近年は富栄養化が進み、年間0.25mずつ透明度が低下してきている。

出典http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%9B%E6%B9%96

あぁ…やっぱり人間のせいなのね…。

…が、やつらも水質汚染の原因だった。

で…でかい…。

見つかった金魚は、大きいもので重さ約1.8キロ、体長は45センチにもなる。

出典ロイター通信

巨大な金魚が繁殖し、専門家は生態系を乱す恐れや、排せつ物による汚染を懸念している。

出典ロイター通信

金魚に電気ショック。

2011年には、金魚を含む外来種を駆除するプロジェクトを開始

ボートから垂らした金属ワイヤから電流を流し、浮いてきた魚から在来種だけを選別して湖に戻すなどの取り組みを進めてきた。

ガイ氏によると、金魚は大量に食べるので排せつ物も多く、それが水中で藻の成長を促進するという。

【動画】 米国、世界屈指の透明さ誇るタホ湖、巨大金魚で「汚染」! [海外] dlvr.it/2zs8LN

世界屈指の透明さ誇る米タホ湖、巨大金魚で「汚染」 - livedoor: 同研究センターが設置されているカリフォルニア大学デービス校や、ネバダ大学リノ校、カリフォルニア州とネバダ州の野生生物当局から集まった研... bit.ly/VTVGDX #news

1