1. まとめトップ

日光アイスバックス、プレーオフ進出なるか!ホーム3連戦見どころまとめ

2年連続のプレーオフ進出まで後がない日光アイスバックス。日光霧降アイスアリーナでのホームゲーム3連戦。底力をみせるバックスに目が離せない!!!

更新日: 2013年02月26日

1 お気に入り 2446 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ayumi_2192さん

2年連続のプレーオフ進出へ

現在リーグ5位のHC栃木日光アイスバックスはこの間試合がないものの、上位チームの結果次第で、上位4チームが出場できるプレーオフ進出の可能性が消える。対戦カードをみても、非常に厳しい状況に追い込まれている。

2年連続のプレーオフ(PO)進出へ、残り5試合全てを60分勝ちするしかないバックス。崖っぷちから奇跡を起こせるか-。リーグ随一の攻撃力を誇る難敵相手に、チームの底力が試される。

FW瀬高哲雄(31)が今季限りで引退

現チームで最も長い6季在籍
背番号: 45
ポジション: FW

瀬高はチームを通じ「6年間苦しくつらい時に何度もチームを離れる覚悟を決めたが、ファンの皆さまの気持ちが踏み留めさせてくれた。かけがえのない、今後の人生の指針となる期間だった」などとコメントした。

21日から今季最後のホーム三連戦

村井忠寛監督は「まだ諦めるわけにはいかない。昨年のプレーオフを戦った経験は強みで、選手たちも前向きさを失っていない」と力を込める。

5試合を残すバックスが全て60分勝ちを収めれば、勝ち点で並ぶ。延長戦での負け数が少ないバックスが、PO圏内の4位に滑り込む計算だ。

2/21試合結果

苦手意識があるハイワンが相手だったが、得点力のある相手選手をしっかり押さることができ、ゲームプランを実行できた。
今日の試合、最初の10分は決して良くなかったが、#45瀬高のラインがペースを作り、得点したことが勝利につながったと思う。
次戦も結果のみにこだわって勝利したい。

村井監督コメント

2/23試合結果

プレッシャーのかかった試合だったが、接戦をものにしてチームの成長を感じている。今日の試合を振り返ると、先制されビハインドからのからのスタートだったが、良い場面で得点することができたことが勝利につながった。しかし細かいミスから失点してしまったので、同じようなミスが明日の試合に出ないよう、しっかり備えたい。

村井監督コメント

2/24試合結果

60分勝ちを目指して、プレーオフへの望みをつなぐ事だけを考えて臨んだ試合だった。第2ピリオドの最初の5分に足が止まって相手に差し込まれる場面があり、そこで連続失点してしまった。そこが今日の試合のキーだったと思う。プレーオフ出場を逃したことは非常に残念。年間をとおして選手は努力を続けてくれた。全ては監督である自分の責任だと思っている。ただシーズンをとおして多くのファンが会場で声援を送ってくれた。結果を出せなくて申し訳ないと思うと共に、感謝の気持ちで一杯です。

村井監督コメント

チーム概要

チームの前身は日本最古の伝統チーム「古河電工アイスホッケー部」で、設立当初のチーム名称は「HC日光アイスバックス」。

2006-07年度シーズンからサッカー評論家(元藤和不動産サッカー部)のセルジオ越後がシニアディレクターに就任。

対するハイワン、チーム概要

1 2