1. まとめトップ
  2. カラダ

【健康】”貧乏ゆすり”常習犯歓喜!?実は体にいい事がいっぱいだった

今まで貧乏ゆすりをして煙たがられていた常習犯のみなさんに朗報!なんと”貧乏ゆすり”が体にいい事が判明!でも貧乏ゆすりってなんでやってしまうんでしょうか?貧乏ゆすりのメカニズム(原因)・心理などにも触れながら、貧乏ゆすりをするメリットや効果を紹介

更新日: 2016年12月26日

sephie_dollさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
360 お気に入り 119765 view
お気に入り追加

●でも一体なぜ”貧乏ゆすり”をしてしまうの?

話をしている最中に貧乏ゆすりをしたり、されたりしたことはありませんか?
貧乏ゆすりは単なる癖ではなく、相手の心理を読み解くヒントになる

人が貧乏ゆすりをする際は、だいたいが強いストレスにさらされている時

貧乏ゆすりは脊髄反射によって生じる現象で、個人の癖ではなく生まれながらに持っている原始的な動きである可能性が高い

●なぜ女性よりも男性の方が、貧乏ゆすり人口が多いのか?

貧乏ゆすりをしたことがありますか?というアンケートでは、547人中 ある(258人)ない(289人)
あると答えた男女は、男性(156人 52.7%)女性(102人 40.6%)と男性が女性を上回った。

参照元:http://goo.gl/wimte

女性は、スカートなどの服装やマナーの面から、自分の“脚”に意識を向けているので、無意識の行動が脚にも表れにくい

脳の構造(脳梁の太さ)の違いによるもの

NHK総合テレビの解体新ショーでは、この説を有力な説として放送されたそうです。

●”貧乏ゆすり”の語源は?

膝をゆすっている姿が貧しくて空腹や寒さにふるえている姿にとても似ていることから来ている

お金持ちはゆったりしているイメージに対し、貧乏人は落ち着きがないというイメージが昔からあったから

ことわざに「貧乏ひまなし」なんて言葉もありますもんね( 一一)

●”貧乏ゆすり”がもたらす健康的な8つの効果

(1)血行が良くなる

貧乏ゆすりは、ふくらはぎを中心に動かします。このふくらはぎ、実は第二の心臓と言われている部分でもあり、そのため、足腰に滞りやすい血液をポンプのように心臓へ送り返してくれる働きもしています。

(2)ウォーキングと同じ効果が得られる他には、貧乏ゆすりを3分続けたら、20分のウォーキングと同じ効果がある

(3)むくみの解消にも繋がる

むくみとは皮膚の下の血管から漏れ出た余分な水分が溜まる状態。女性は筋肉量が少なく皮下脂肪が多いため起こりやすく、血流が改善すると、余分な水分が血管に取り込まれむくみが解消するのだそうです

(4)変形性股関節症対策として貧乏ゆすりを積極的に取り入れる病院がある

(5)手足の冷えの解消

貧乏ゆすりを続けると血行が良くなり、たった5分間で平均約2度も皮膚の温度が上昇したそうです。運動の代わり、とまではいきませんが、冷え性対策としては効果的だといわれています。

(6)エコノミー症候群の予防にもなる

飛行機の中で発生するエコノミー症候群も、足の血液の巡りが滞るために起きる病気です。
貧乏ゆすりで小刻みにふくらはぎを動かすことで、突然椅子から立ち上がったとき血液の巡りが急に流れて心臓に負担をかけにくくすることができるのだとか。

(8)大脳のストレス解消

何か考え事をしたり、集中したりするときに足を小刻みにゆすってしまうのは、足の動きを止めている大脳の働きが抑えられているためだそうです

無意識にしてしまう人以外で、
やってみよう♪っと思う人は
周りをよく見て実践しましょう・・・

1





役立つ情報や豆知識、雑学等をご紹介

sephie_dollのRSSフィードです
登録お願いします♪
http://goo.gl/KaLDu



  • 話題の動画をまとめよう