1. まとめトップ
11 お気に入り 18637 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

actsanさん

昭和14年

複雑怪奇

日独防共協定を結んでいるドイツが、独ソ不可侵条約を締結。協定の強化をめぐる閣内対立が行き詰っていた内閣は「欧州の天地は複雑怪奇なる新情勢」という声明を出して総辞職した。ここから流行。

あのねーおっさん わしゃかーなわんよー

高勢実乗が、チョンマゲにヒゲ、目の下を黒く塗った姿で、連発。大流行したが、皇国精神に反するとして禁じられた。

昭和13年

対手とせず

日中戦争の解決が難航し、中華民国臨時政府に対して発表した声明中に「帝国政府は爾後国民政府を対手せず」とあったのが、流行語に。

昭和12年

馬鹿は死ななきゃなおらねえ

「飲みねえ飲みねえ、すし食いねえ」とともに広沢虎造の浪花節「次郎長外伝」から。

昭和11年

今からでも遅くない

ニ・二六事件での投降を呼びかけた言葉から。

おたくのダンナに気をつけて

東京で、銀行員の妻が暴行されて殺されるという事件が起きた。まもなく夫が犯人であることがわかり、この言葉が流行語に。

下腹部

阿部定事件のさい、新聞が切られた局部の表現として使用したことから、流行。

昭和8年

転向

革命運動の内部からの切り崩しを狙った官憲が、共産主義思想を捨てるならば仮釈放を許すとして、有力党員らの獄中転向を続出させた。

昭和7年

一人一殺

国家革新をめざす結社、血盟団は、一人一殺主義で、政財界の要人暗殺を計画。井上準之助前蔵相、三井合名理事長の団琢磨などが暗殺されて、世を震撼させた。

認識不足

リットン調査団が満州国独立の正当性を認めない報告書を発表したことについて、日本政府は「日本と満州の現状への認識不足である」とした。これが流行語に。

話せば分かる・問答無用

五・一五事件で首相官邸に乱入した将校らに、犬養毅首相は「話せば分かる」と応対したが、裏口からきた別働隊が「問答無用」と叫んで射殺した。

昭和6年

電光石火

柳条湖事件~満州事変での関東軍のすばやい行動をさして使われたことから。

非常時

国家の危機にある状況をさして言った。満州事変以後、とくに日中戦争勃発以後に多く使われた。

昭和5年

エロ・グロ・ナンセンス

東京・浅草のカジノ・フォーリーで「アチャラカ・レビュー」が流行したのを代表として、舞台、出版物、ダンスホール、カフェーなど、世相の頽廃性・猟奇性をさして言われた。

男子の本懐

濱口雄幸が東京駅で狙撃されたとき、「男子の本懐である。時間は何時だ」と叫んだと伝えられ、流行語に。

飲んでない!そうだろう!

赤玉ポートワインの広告コピー「不景気か?不景気だ!赤玉ポートワインを飲んでるかネ?飲んでない!そうだろう!」から。

ルンペン

恐慌で街に失業者があふれた。失業者、浮浪者をさすドイツ語から。

昭和4年

ツェ的

「素敵」にツェッペリン号をひっかっけて、「大きくて頼り甲斐がある」という意味で言った。

昭和3年

全国のみなさん

ラジオ体操の放送開始で、指導者の江木理一の呼びかけから。

フラッパー

明るくおてんばな娘 / はすっぱな不良娘のこと。

1 2