1. まとめトップ

本当に強い大学ランキング【教育力・就職力】

偏差値によるものではなく、大学がもつ力を具体的な数値にしてランキング化したものです。賛否両論あるかと思いますが、一つの資料としてご覧ください。

更新日: 2015年05月02日

777 お気に入り 5101234 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

本ランキングは2013年のものです。

2014年版はこちら

その評価軸として学生に付加価値を与える「教育力」、その結果として表れる「就職力」、大学の基盤となる「財務力」の3つを重視。それぞれについて3~4項目の指標を就職率や財務情報といった属性情報を基に計算。今年は10の指標をランキングの対象として算出している。

東洋経済ONLINE

1位 東京大学

就職率や志願者数増減率では全体平均を下回っているが、200億円を超える科学研究費補助金(科研費)や、上場企業役員数、自己努力収入比率が群を抜く。

東洋経済ONLINE

やはり1位は納得の東京大学である。我が国の「最高学府」などと言われることがあるが、本来最高学府とは「大学」を意味する言葉である。

2位 京都大学

科研費が東大に次ぐ規模であることをはじめ、トータルで高い値となっている。

東洋経済ONLINE

昔より研究分野に力を入れていることもあり、ノーベル賞受賞者を多数輩出している。東大に次ぐ難関大学であることからも納得である。

3位 慶應義塾大学

昨年以上に志願者減少率が高いが、2000人を超す上場企業役員数が寄与している。

東洋経済ONLINE

私大ながら第3位にランクイン。志望者は少ないが、OBに企業経営者が非常に多いことから就職に関して日本トップクラスの実績を誇る。

4位 豊田工業大学

4位にはトヨタ自動車が設立した豊田工業大学がランクイン。上場企業役員は出ていないが、100%の就職率を筆頭に、トヨタなどからの寄付金が寄与する自己努力収入、自己資本比率の高さが際立つ。

東洋経済ONLINE

この大学の名前を聞き慣れない人も多いのではないだろうか。名前の通り、トヨタ自動車が社会貢献のために設立した大学である。

5位 大阪大学

旧大阪帝大。旧帝大の中で実質ナンバー3の阪大はこちらにランクイン。

上位5大学は昨年とまったく同じ顔ぶれ・順位となった。

東洋経済ONLINE

6位 東北大学

東北の雄はこちらにランクイン。

7位 早稲田大学

昨年より1つ順位を下げた。経常利益率が大きくマイナスになっているのは、100%の引き当てが義務づけられた退職給与引当金の影響が大きい。

東洋経済ONLINE

1 2 3 4 5 6