1. まとめトップ

仰天!小学生や障害者を毒牙にかける韓国の高齢者たち

小学生や障害者を強姦した韓国の超高齢者たちの事件をまとめました。韓国では高齢者の性犯罪が増加していて、社会問題化しています。

更新日: 2015年08月16日

yamadayamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 101248 view
お気に入り追加

77歳が小学生をレイプ

昨年11月末釜山地裁は小学生を数回性暴行(強姦)の疑いで拘束起訴されたミン氏に懲役7年の刑を宣告した。 ミン氏は2007年町内に住んでいた小学生のAさん(当時12歳)に、小遣いをくれると自分の家に誘って性暴行したことを皮切りに、3年余りの間、10回余り性暴行をしたことが分かった。

起訴当時のミン氏の年齢は77歳だった。 80通になった老人が孫娘ほどの町内の子供を性暴行したのだ。

82歳が小学生をレイプ

82歳の老人が隣に住む11歳の女児に数回にわたって強制的に性的暴行を加えた。女児の両親は共働きのため家に保護者がいない時間があり、老人を祖父のように慕って家に遊びに行った。

娘の性的暴行を知って老人を追求した被害者の母親にも暴力を振るった。

障害者をターゲットにする高齢者たち

警察が捜査に乗り出した結果、70代の男性2人と60代の男性が2004年から2008年まで知的障害を抱える42歳の女性に性的暴行を加えていた事実が明らかになった。

老人達は「食事をしよう」、あるいは「遊びに行こう」と女性を誘い、自分達の部屋やモーテルに連れ込んで性的暴行を加えていた。

2009年釜山(プサン)に住んでいた70歳金さんは同じ建物に住んでいた視覚障害女性(35)に 「お菓子作りの手伝いをしてあげる」と接近した。 この女性の家の中に足を踏み入れた金さんは、女性を強姦した。

以来、約3年の間、女性は恐怖に震えなければならなかった。 この女性は、捜査機関に 「真っ暗闇の中で足音、玄関のドアがキイと開く音が聞こえたら死にたかった」と訴えた。 女性はレイプされたことで自殺を試みたことがあるとも打ち明けた。

連続殺人をした高齢漁師

70代の漁師の連続殺人事件。 その老人は、20代の男女を殺人しており、約一ヶ月後、再び20代の女性2人を殺害した。殺害の動機は非常に短く、単純だった。「胸を触ってみたくて」

10年で高齢者の性犯罪が4倍以上に

警察庁の資料を見ると、高齢者の性暴行犯罪は、1996年の100件から2006年423件で10年、新しい4倍以上に増加しており、全体の性暴行事件のうち、老人犯罪率も96年1.3%から4.1%に増え、社会問題となっている。

更に高齢者の性犯罪は増え続け、2010年には821件になった。

衰えない韓国老人の性欲

保健福祉部が2012年初めに発表した「高齢者の性生活実態調査」によると、高齢者の3分の2が性生活をしており、35.4%が買春をするなど、性的欲求が減退していないことを示している。

関連記事

1