1. まとめトップ

肛門より細菌が多い

入り口である口は、出口であるお尻より汚い

十分に磨いていない歯の周りには、驚くほど大量の細菌が生息しています。口の中と肛門(こうもん)の周囲で細菌の数を比べると、口の方が多いかもしれないというぐらいです。

口の中の細菌の数

お口の中の細菌は、約30億(肛門の細菌数より多い)とも言われます。種類は未発見種もあり、分からない程に多いのです。

歯がある人の場合、口腔内には300~400種類の細菌が存在し、その数は、

 よく磨く人の口腔内細菌数        1000~2000億個
 あまり磨かない人の口腔内細菌数    4000~6000億個
 ほとんど磨かない人の口腔内細菌数  1兆個(!!!)

口腔の細菌数は寝起きに最大

口腔内細菌は睡眠後3時間すれば、爆発的にその数が増えていき、約8時間で、細菌数は飽和状態に達します

起床直後の唾液1ccの細菌数は、おおよそ糞便1グラムの10倍量と考えられるので、起床直後は「うんこ10グラム量の細菌がいる」と考えるとわかりやすいでしょう。

寝起きの口臭は細菌増加によるもの

我々は眠っている時、当然ですがほとんど口を動かしません。つまりそれは、口臭予防に必要な唾液の分泌が無いという事です。この唾液分泌の減少が口内の細菌の増加へと繋がる為、起床直後に普段より強い口臭を感じる要因へとなるのです。

寝ている間は体の機能も休まっています。
つまり唾液の分泌も起きている時に比べて少なくなっているということになりますね。

唾液には口の中の細菌の働きを抑える働きがあります。
唾液があることで嫌な匂いを流し清潔にしているのですが、寝ている間はそれが出来ません。

そのために口臭が発生してしまうのです。

細菌増加は万病のもと

歯周病菌は全身疾患との関連も報告されており、心疾患、脳血管系の疾患、糖尿病などとの関連性が注目されています。

口腔ケアで肺炎予防

歯科側が介入した口腔ケアを行った群では、従来の単純な清掃を行った群と比較して、発熱や肺炎の発症回数が有意に減少しています。また、肺炎が原因の死亡例では、専門的口腔ケアを行った群に比較して、そうでない群の死亡例は約2倍だったという結果が出ています。

口腔清掃・口腔ケアを行うことは、歯や歯茎などの歯周状態を良好に保ち、口腔機能を保持・改善するのみならず、肺炎等の感染症を予防し、尚かつ日々の生活をより質の良いものへと変化させる重要なことなのです。

就寝前の歯磨きが重要

寝ている時は歯周病菌が増えやすいので、寝る前の歯磨きが一番大切で効果的です。晩ご飯を食べた後よりも寝る直前にしっかり磨くことを、ぜひ今日から実践してください。

食後の歯磨きは、1時間ほど時間をおいてから

食後30分経たずに歯を磨いた被験者の口内では、象牙質の腐食が確認された。さらに、20分以内に磨いた被験者では腐食具合は著しく増していたという。しかし、食後30分もしくは1時間経過してから磨いた人たちにはほとんど腐食がみられなかったそうだ。

食後は唾液が多く分泌され、唾液が多く分泌されているときは細菌を洗い流してくれますので、食後すぐに歯磨きを行うのではなく、できれば食後1時間ほど経過してから歯磨きを行うのが理想かもしれません。

1





humihikoさん



  • 話題の動画をまとめよう