1. まとめトップ

まさに地獄!気温の世界記録と日本記録がすごすぎる

気温の、日本記録と世界記録をまとめました。非公式の記録にも注目すべきものが幾つかあったので、注釈付きで入れています。(2015年7月30日更新)

更新日: 2017年07月15日

9 お気に入り 289552 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mosirさん

最高気温

アメリカのカリフォルニア州にあるデスヴァレー で1913年7月10日に記録。
周りが山脈でに囲まれているため夏はフェーン現象によって暖気が流れ込んで来る一方、地形が盆地のため暖気がどんどん溜まってしまい、このような高気温になってしまいます。
また、海から離れている地域で熱しやすく冷めやすいことが、余計に気温が上昇しやすくなっています。

デスヴァレーで、フライパンの上のゆで卵が固まるか実験した動画。どんどん固まっていきます。人間の体も卵と同じタンパク質かと思うと、これはまさに恐怖。

1929年と1953年には 年間降水量”ゼロ”1年間全く雨が降らなかった記録もある。 また、1972年7月15日、ファーニス・クリークの地表温度は華氏201度(摂氏93.89度)を記録したことがある。

ちなみに、一般的なドライサウナは温度80~100℃ぐらいです。

イラクのバスラで、1921年に記録。
長らく世界最高気温とされていたが、近年の調査でこれは報告の誤りだったとされている。

ジブチ共和国で記録。時期は不明。
外務省のサイトに掲載されている割には、他に出典がなく、非常に怪しい記録。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/zyoukyou/h_15/030829_1.html
ちなみに、65度~70度の間で卵を温めると、温泉卵ができます。

高知県四万十市の江川崎で2013年8月12日に記録。また翌13日にも40.0℃を観測したのをはじめ、全国で初めて40℃台を4日連続で記録。

埼玉県の熊谷市で2007年8月16日に記録。
猛暑である事を逆手にとって、街のPRに使うたくましさ。

岐阜県の多治見市でも、熊谷市と同じ2007年8月16日に記録。
翌日にも、これに近い40.8℃を記録したようですが、なぜここまで暑くなるのかは謎らしいです。

東京市麹町区(現在の東京都千代田区)で、1923年9月2日未明に記録。
ただしこれは、直前に発生した関東大震災の大火災による、異常な熱気で温度が上昇したためで、参考記録扱い。

東京都足立区江北で、2004年7月20日に記録したそうです。
ただし、気象庁ではなく東京都環境科学研究所の測定なので、参考記録扱い。

最低気温

南極のボストーク基地で1983年7月21日に記録。
極度の低温に加え、極度の乾燥と、絶えず吹く強風、そして場所が富士山の山頂に近い標高であるため、非常に過酷な環境で有名となっています。
非公認ですが、1997年の冬季に−91℃も記録しているそうです。

北海道旭川市で、1902年1月25日に記録。
現在では、市街地の都市化による影響で、ここまでは気温は下がらないそうですが、周辺地域は今でも日本屈指の低温地域となっています。
ちなみに、この最低気温を記録した日は、北日本一帯が極端な冷気に包まれており、青森県では八甲田山事件が発生している事でも有名です。

北海道名寄市で、1953年1月3日に記録。
風連町のお天気博士と呼ばれた、上口清蔵さんが自宅近くで測定。
あくまで非公認のようです。

1908年1月19日に、南樺太(南サハリン)の落合で記録。
当時は日本領でしたが、今では日本が領有権を放棄しているので、参考記録扱いです。

1