1. まとめトップ

【最新】ヴァセリン(ワセリン)には50通りの使い道があった!

ヴァセリン(ワセリンでも可)には50通り以上の使い方があると言われています。ヴァセリンを使ってみたけど脂っぽくてダメだった人も50通りの使い方を知れば試してみたくなるかも!防災グッズにも一つあると大変便利です。

更新日: 2019年07月08日

6466 お気に入り 4505409 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nana_byさん

ヴァセリンで50通りの使い方があった

ヴァセリンをより便利使うためのワンポイント!!

ヴァセリンはまつ毛を伸ばす効果ある??

ヴァセリンは肌の保湿にも使えます。

肌の乾燥にヴァセリンが活躍します!!

単独で使うのもちろろんOK!!

保湿力が物足りないクリームや乳液に足すもOK

アレンジを楽しめるのもヴァセリンの魅力!!

ヴァセリンの出番は、化粧水の後。小豆大のヴァセリンを手の平に取り両手で温めて

その手で乾燥している部位に塗りこみます。

乾燥しやすい目の周りや頬、唇はたっぷりと塗りこむのかポイントです。

乾燥しがちな唇の保護にもヴァセリン(ワセリン)が使える。

ヴァセリンでボディーマッサージクリームにも。

お風呂でのスチームマッサージのやり方

皮膚の汚れや角質を取り除くので、お風呂でのスチームマッサージにばっちり

湯船に浸かりながらヴァセリンを塗ったら、優しくマッサージしたり

暖めたタオルで押さえたりしてみてみると効果大。

ヴァセリンは赤ちゃんの敏感なお肌にも使えます。

赤ちゃんのお肌にも使用出来ますが

ベビーワセリンや白色ワセリンでももちろん

大丈夫です。

ヴァセリンはアイメイクのメイク落としに使える

付けまつげを外す時にヴァセリンを

つけまとアイラインの間に

綿棒などで塗り込むとのりがキレイに取れるそうです。

マスカラを落とすときには、歯間ブラシにヴァセリンを付けて

マスカラを塗るようにまつげの上に塗り

そのまま5分程度放置してヴァセリンとマスカラを馴染ませてから

メイク落としを使って落とすと

頑固なマスカラもすんなり落ちるそうです。

ヴァセリンはメイク下地にだって使える!!

肌が乾燥してメイクノリが悪いと気には、スキンケアをした後に小豆大のヴァセリンを

指にとり顔全体に薄く付けてからベースメイクをすると

キレイにパウダーなどが肌に乗ります。

ヴァセリンはまゆ毛の癖直しに使える

まゆ毛も髪の毛と同じように寝癖がつくものです。

ボサボサの眉毛じゃあメイクが栄えません。

メイク下地の時と同様に眉毛に塗り癖を取りましょう。

ヴァセリンはネイルケアにも使えます。

爪の柔軟で弾力性を保ち

マニュキアを塗る際のツヤ出しに使えます。

ヴァセリンを爪に塗ると潤いやツヤを与えてくれます。

マニュキュアを塗る前に爪の周りにヴァセリンを塗っておくと

マニュキアをはみ出してしまったときに直ぐに落とすことが出来ます。

指輪が抜けなくなった時にもヴァセリンが使える??

指輪が取れなくなった時の潤滑剤として使うことが出来ます。

香水をふりかける前に使う

香水を吹きかける前に塗ることで

揮発を防ぎ香りを長持ちさせる。

ヴァセリンにお好きなアロマオイルを

加えれば練り香水も作れちゃいます。

毛染めの時のコールドクリーム代わりに

コールドクリームの代わりに肌に塗れば
毛染め液が肌に付くのを防いでくれます。

バックや靴のツヤ出しにも使えます♪

1 2