1. まとめトップ

プラスマイナス岩橋 「やってはいけないことをやってしまう」という愛しき癖とは

プラスマイナスのツッコミ担当 岩橋良昌(いわはし よしまさ、1978年8月12日 - )奇声を発したり、変顔を連発したり、意味不明な言葉を連発することがある他、頭に浮かんだ「やってはいけないこと」をやってしまいたくなるという癖がある。

更新日: 2018年05月16日

11 お気に入り 62542 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

barreraさん

プラスマイナス 岩橋のクセ

頭に浮かんだ「やってはいけないこと」をやってしまいたくなるという癖がある。

人から「やってはいけない」と言われたこともやりたくなってしまうこともある

「やってはいけないこと」をやってしまいたくなる癖の数々

ミスチルのファンで毎回CDを買っているが、帰宅する前に封を開けてCDを折り曲げたくなってしまい、割ってしまう。
そのため一度もCDを聞いたことがない。

トーク番組で先輩芸人がオチを話そうとした瞬間に奇声を上げる

漫才ではツッコミなのにツッコまない

番組企画で何時間もかけて並べたドミノを蹴り倒してしまう

バイクに乗り「ぶつかったらアカン」と思いすぎて、ワザと電柱に突っこんだ。

薄いグラスなんてもたすと、握って割ってしまう

「相方の後頭部に噛みつく」

「大先輩を睨む」

「先輩が喋ってるのに先輩の目線をそらそうと自分の顔を動かし先輩の目線をずらす」

ボウリングでは、隣のレーンに投げた。

島田紳助と2人で淡路島へドライブに出掛け、「紳助師匠をにらんだらアカン」と思いすぎ我慢の頂点に。紳助も岩橋の奇癖を知っているから、淡路島までメンチの切り合いをずっとしていた

我慢が限界になり、一瞬でスッキリするためにやる儀式

「ヘミングウェイ!」、「オーシャン・ビュー!」「ギューン!」「フォーリンカントリーピーポー!」といった、本人曰く響きのいいフレーズを叫ぶことで一旦収まる。

あごを殴って音を鳴らす、舌を丸めて音を鳴らす等の解消法がある。

1