下里村役場集団恐喝事件(しもざとむらやくばしゅうだんきょうかつじけん)とは、昭和26年(1951年)10月22日に、兵庫県加西郡下里村(現在の兵庫県加西市)で発生した朝鮮人が生活保護欲しさに恐喝した事件。

出典下里村役場集団恐喝事件 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

戦後の歴史から消される朝鮮進駐軍と在日本朝鮮人連盟が関わる事件のまとめ

なぜかwikiから突然消されていく朝鮮進駐軍や在日本朝鮮人連盟が関わる事件。記録としてまとめてみました。

このまとめを見る